【家は、性能。】
一条工務店

一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH



品質管理とアフターケア
耐震リフォーム

一条の「耐震リフォーム」なら、建て替えなしで地震に強い家に生まれ変わらせます。

一条工務店は、創業以来“地震に強い家づくり”を企業の使命と考え、その技術開発に努めてきました。今日では、一条工務店の耐震技術は日本の大手メーカーの中でもトップクラスと自負しております。しかし、地震大国・日本に暮らすかぎり、誰しも地震の恐怖から逃れることはできません。そこで、私たちは新築のお客さまのみならず、より多くの皆さまを地震の被害から守りたいと考え、「耐震リフォーム」をスタートさせました。キッチンやバスルームなど、快適さのリフォームも確かに大切ですが、家族の生命や財産を守るための目に見えない部分のリフォームはもっと大切です。一条工務店の「耐震リフォーム」なら、建て替えなしに、いつまでも安心して暮らせる家を実現します。

耐震リフォームとは

一条工務店の 「耐震リフォーム」は、厳しい耐震基準をクリアするために、一邸一邸、綿密に調査・検討した上で、最も適した耐震強化策をお勧めします。住 まいの壁をはがして筋違い(すじかい)を補強したり、金物を追加する場合もあります。また、構造用合板で壁の強度を高めるなど、巨大地震から大切なお住まいやご家族を守るためのリフォームです。

耐震性の向上を主眼としたリフォーム


耐震リフォームのポイントは

毎日の生活はそのままです。
短期間で安心の住まいを実現します。
うれしい低コストでご提供します。

耐震リフォームのスケジュール

耐震リフォームのスケジュール


耐震工事例1

壁耐震工事とは
壁の耐震性を高めるには、家全体の壁のバランスを考えることが大切です。そのために一邸ごとに、壁・柱などの構造計算を行います。そして、壁の強さの偏りがないよう、構造用合板や金物などを外壁側、あるいは内壁側から補強します。

「耐震金物」の取付け
「耐震金物」の取付け
  1. 筋違い金物
    地震の時に、「筋違い」が揺れて外れることがないように、柱と梁に専用の金物でしっかりと固定をします。
  2. ホールダウン金物
    地震の揺れで、柱が梁や土台から引き抜かれないように、ホールダウン金物でしっかりと固定をします。

「筋違い」の取付け
「筋違い」の取付け
「耐震診断」の結果を踏まえて、地震に抵抗するための耐力壁を造るために、「筋違い」を適所にバランスよく取り付けます。

「構造用合板」の取付け
「構造用合板」の取付け
「構造用合板」を壁に張ることで、壁を補強します。また、合板単体では壁の耐力が不足する場合は、「筋違い」と併用することもあります。

耐震工事にあわせて、室内のリフォームを
耐震補強工事にあわせて、室内のリフォームをすれば、耐震性能を備えた、美しく快適な空間に生まれ変わります。
写真はイメージです。
BEFORE
→
AFTER

耐震工事例2

基礎付け壁耐震工事とは
溶融亜鉛メッキを施した鉄製の耐震補強金物を基礎と壁内の柱に取り付け、ボルトで固定することにより、万一の地震時に建物の引き抜きによる倒壊を抑制します。尚、この補強金物は1セットで6トン近い引っ張り力に耐えられるよう設計されています。

プレートをガッチリ固定

計4ヶ所のボルトで基礎を固定するプレートをガッチリ固定します。

→

柱を金物でしっかり固定

基礎と壁内の柱を金物でしっかり固定します。

木質耐震シェルター

大地震で建物が倒壊しても命だけは守りたい。
家の中にシェルタ—をつくるという新発想。「木質耐震シェルター」施工費25万円(税抜)。
既存のお住まいに手を加える事なく、工期もわずか2日間で設置できる耐震シェルターです。大きさは、内部にシングルベッドが2台設置できる広さを確保し、常時居住にも違和感のないクロス貼り仕上げとしています。木質耐震シェルターを室内に設置した実際の建物を倒壊させ、性能を確認。実験後のシェルターには損傷がほとんどなく、シェルター内の安全を確保できることが実証されました。

耐震性の向上を主眼としたリフォーム


【お問い合わせは「耐震リフォーム部」へどうぞ。】
フリーダイヤル:0120-422-231


↑ PAGE TOP

品質管理とアフターケア

  • 国際水準の品質管理・先進の工場生産システム
  • 原木から製品化まで
  • 国産材ムク柱の安定調達
  • 責任施工・責任契約
  • 長期サポート・30年保証
  • メンテナンス
  • リフォーム
  • 耐震リフォーム


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問