一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH

超省エネ×超健康

30年後の未来の性能「超省エネ×超健康」テクノロジー

  • 超省エネの実現で、夏も冬も一年中快適な暮らし。

    超省エネの実現で、夏も冬も一年中快適な暮らし。

    超省エネ住宅i-smartなら、夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冬は暖房で暖めた熱を外に逃がしません。快適なのはもちろん、冷暖房費にも大きな差が出る、おトクな住まいです。

  • 「超省エネ」な住まいは「超健康」な住まい
    Q値:0.51W/m²・Kの超断熱住宅「i-シリーズⅡ」は健康的な空間を実現!

    超省エネなi-smartが防ぐのは熱の出入りだけではありません。
    熱中症やヒートショック、冷え、花粉やPM2.5、ダニ・カビ、騒音など健康に悪影響を及ぼすとされる、さまざまな要因を防ぎます。

  • 抜群の断熱性と卓越した気密性。業界最高水準のQ値とC値。

    次世代省エネルギー基準と「i-smartⅡ」のQ値(断熱性)比較

    次世代省エネ基準の約1/5以下。つまり、冷暖房費も1/5以下。

    外断熱と内断熱で家全体を包み込む「外内ダブル断熱構法」を採用。住宅の断熱性を表すQ値は、0.51W/m²・Kを誇ります。Q値は数字が小さいほど冷暖房費が節約でき、住み心地が良い家であることの証ですが、この数字は次世代省エネルギー基準を凌駕しています。

    次世代省エネルギー基準と「i-smart」のC値(気密性)比較

    気密性を表すC値は、次世代省エネ基準の約8倍。

    住宅の断熱性にも大きな影響を及ぼす、気密性。住宅の延べ床面積に対する「隙き間」の割合のことを言いますが、住宅の気密性を表すC値は、0.59cm²/m²。この数字もQ値と同様に、次世代省エネルギー基準や大手住宅メーカーの数字をはるかに上回っています。

  • Q値が低い。それはつまり、省エネ性能が高いということ。

    Q値が高いほど、居室間の温度差が大きい。

    Q値が高いほど、居室間の温度差が大きい。

    一般住宅のリビングと玄関。居室間の温度差が大きい住宅は、冷暖房の効率が悪くなり、光熱費が高くなってしまいます。Q値の低い「i-smart」なら、温度差がほとんどなく、冷暖房の効率が良いため、年間の冷暖房費も節約できます。

    【光熱費算出条件】モデルプラン(延床面積:45.31坪)/建築地:名古屋/冷房期間:4月25日~10月27日/冷房設定:全居室エアコン(24時間連続運転・室温27℃・湿度50%)/冷房能力COP3/暖房期間:10月28日~4月24日/暖房設定:全館床暖房(24時間連続運転・室温22℃)/暖房能力COP2/電気料金:中部電力・スマートライフプラン(2016年5月料金単価、契約金は含まない)の場合の熱負荷計算ソフトSMASHによる試算。

    Q値(断熱性)で差がつく冷暖房費
  • すべての構造パネルに、「高性能ウレタンフォーム」を採用。
    外内ダブル断熱構法

    外断熱50mm+内断熱140mm。

    「i-smart」の断熱材には、熱伝導率0.020W/m・Kを実現した「高性能ウレタンフォーム」を採用。構造材の外側に50mm、内側に140mmとダブルに使用しました。その名も、「外内ダブル断熱構法」。それは、一般的な外断熱構法(外張り断熱)や内断熱構法(充填断熱)の断熱性能をはるかに上回ります。

    壁自体の熱貫流率も圧倒的

    ※次世代省エネルギー基準値は、国土交通省告示より引用。

    ※「i-シリーズⅡ」の熱貫流率は標準設計断面(熱橋含む)による弊社計算値。

  • 窓は世界トップクラスの断熱性を誇る「防犯ツインLow‐Eトリプル樹脂サッシ」

    Q値が高いほど、居室間の温度差が大きい。

    世界トップクラスの熱貫流率 U値 0.8W/m²・K

    断熱性にとって大切な窓には、アルミサッシの約5倍もの断熱性を誇る「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」を採用しています。

    【平成26年度 省エネ大賞 資源エネルギー庁長官賞受賞】防犯ツインLow-E トリプルガラス樹脂サッシ

    窓の種類によるU値の比較

    窓からの侵入を防ぐ、防犯警報装置器・防犯合わせガラス。

    防犯警報装置器・防犯合わせガラス

    ハンマーなどの打ち破り行為でも容易に破れることがなく、短時間での侵入を防ぐ効果を発揮します。さらに、防犯警報装置器を設置し、優れた防犯性能を実現します。

    ※FIX窓・浴室窓を除く、1階の窓と2階のバルコニー窓・ドアが対象

    ふたつの中空層で、高い遮音効果を実現。

    防犯ツインLow-E トリプル樹脂サッシ

    住宅性能表示制度の遮音対策等級では、一般的なアルミサッシの「2」に対し、「防犯ツインLow-E トリプル樹脂サッシ」は最高等級「3」。JIS規格でも、戸建住宅の最高ランク「T-2」を獲得。例えば、約70dBの騒音(幹線道路の騒音)を約40dB(郊外深夜レベル)にまで抑えます。

    気になる紫外線を、なんと99%カット。

    2枚の「Low-E」と「防犯合わせガラス」

    2枚の「Low-Eガラス」と「防犯合わせガラス」は、高い遮熱・断熱効果を発揮するだけでなく、お肌の大敵であり、家具などの日焼けの原因にもなる紫外線を、なんと99%もカットしてくれます。

    さらに、窓から熱を逃がさない「ハニカムシェード」装備。

    トリプルハニカム構造

    ブラインドのトップメーカー、ハンターダグラス社製。断面のハニカム状(蜂の巣状)が、窓と部屋とのあいだに断熱層を形成。優れた断熱性を可能にします。

  • 換気による熱逃げを最大限に防ぐ、全熱交換型換気システム「ロスガード90」
    ロスガード90

    快適な室温・湿度を保ち、新鮮な空気を取り込む。

    冬の温度交換効率は90%。夏の湿度交換効率は80%の性能を誇る、「ロスガード90」。寒い冬の日も、暑い夏の日も、室温をほとんど変えずに換気できるため、冷暖房費や除湿&加湿費も抑えられます。

    換気システムによる暖房費の比較(熱源別のランニングコスト比較)

    *モデルプラン(延床面積:45.31坪)/建築地:名古屋の場合/全館床暖房(24時間設定、室温22℃)の場合で試算。

    ロスガードの高性能フィルターが、花粉やPM2.5をカット。

    熱交換換気システム「ロスガード90」は、専用フィルターを設置することで、
    花粉は99%、PM2.5や外気中のカビの胞子、黄砂などもシャットアウトします。

    花粉を99%、PM2.5も95%カットする高性能フィルター

    花粉を99%、PM2.5も95%カットする高性能フィルター