一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH


健康と住まい 化学物質(VOC)

建材や家具、日用品にも含まれる化学物質は、シックハウス症候群の一因ともいわれます。

家具や、日用品にも使われているホルムアルデヒド。

近年、新建材などから放散する化学物質が原因といわれる"シックハウス症候群"が問題になりました。新築住宅への入居後もしくはリフォーム後1年以内に発症するケースが多いようです。国内での患者数は1,000万人を超えたといわれ、なかでも在宅時間の長い主婦、子供の割合が多くなっています。シックハウスの主原因は、ホルムアルデヒド・VOC(揮発性有機化合物)などの化学物質です。ホルムアルデヒドは、建築材や壁紙の接着剤といった建材以外にも、家具やじゅうたん、書籍(印刷物)、履物などにも使われることが多い化学物質です。

シックハウスの主原因は、科学物質による空気汚染です。

シックハウス症候群は、ホルムアルデヒドなどの有害化学物質が室内に放散し、その汚染された空気にさらされ続けることによって発症するといわれます。目がチカチカしたり、鼻や喉が痛くなる、頭痛がする、ふらふらする、皮膚が痒くなる、疲れやすくなるなど、その症状は人によって様々です。しかし、ひどい場合には吐き気をもよおしたり、不整脈、手足のしびれ、呼吸器障害などを引き起こすことも確認されています。

ホルムアルデヒド被害

近年の住宅の高気密化、換気不足も一因に・・・?

ホルムアルデヒドの発生源

シックハウスがここまで社会問題化してしまった背景には、有害化学物質の規制強化の遅れだけでなく、近年の住宅の高気密化に対して十分な換気対策が伴わなかったことがあると指摘されています。 密閉された室内で有害化学物質を大量に吸い込んだり、また微量ながらも長期にわたって吸引し続けることで、ある日突 然発症します。

一旦発症してしまうと、身近にあるすべての化学物質に反応してしまうことになり、日常生活に極めて大きな支障をきたしてしまいます。ですから、化学物質過敏症などのアレルギー疾患は、なってしまう前に"予防する"ことが何より重要なのです。

室内汚染濃度による健康被害

シックハウス症候群とは・・・

契機となったのは1973年のオイルショック後、欧米で原因不明のビル居住者の病気が多発、これをシックビル症候群として調べたところ、省エネルギー策で ビルの換気を大幅に抑制したのが原因と分かったことによる。その後、デンマークの工科大学のメルブ氏とファンガー氏のグループによってシックビルディン グ・シンドロームという言葉が報告されている。日本では歯科医師の上原裕之氏が1995年に、医院付き新居で悩まされていた症状に「シックハウス症候群」 と命名したことが始まり。シックハウス症候群という用語は日本の家というものに対する症候群ということで、現在では各国でも認知されている。

主な科学有害物質と特徴

1 ホルムアルデヒド(CH2O)
合 成樹脂、接着剤に含まれる。合板は接着剤を多量に使うため多く含まれる。37%のホルムアルデヒドと9〜13%のメタノールを含む水溶液がホルマリンで、 防菌・防虫剤として広く使われている。気管支ぜん息の患者が0.25〜0.5ppmの暴露で激しいぜん息の発作を起こすと言われている。
2 揮発性有機化合物(VOC)=Volatile Organic Compound
数百種類の脂肪族、芳香剤の炭化水素、塩素炭化水素、各種ケトン類、アルデヒド類などが含まれる。
1.常温で液体であり揮発しやすい
2.脂肪溶解性がある
3.引火性の強いものもある

軽度の場合は、興奮、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気、中度で食欲減退,息切れ、 動悸、手足のしびれ、重度で死亡に至る。

シックハウス対策における主な留意点とは。

有害化学物質によるシックハウス症候群を予防するためには、(1)化学物質の発生源をできる限り減らすこと。併せて(2)適切な換気を実行することが不可欠です。ちなみに2003年7月1日に改正された建築基準法では、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるため、住宅などの建築物に使用する 建材が規制され、換気設備の設置も義務付けられました。住まいづくりの際には、住宅メーカーがJAS及びJIS規格による「F☆☆☆☆」の付いた低ホルム アルデヒド部材を使っているかどうかを確認することも大切です。また、建材以外の家具や日用品などについては化学物質の含有量の表示対象になっていない ケースも多いので要注意です。こうした日用品からも化学物質が放散する可能性が高いとして、改正建築基準法では、建材の規制に加えて、原則すべての建築物 に機械式換気設備の設置を義務付けたのです。

シックハウス対策のまとめ
1.有機溶剤の放散が規定値を下回る建材を使用する。
2.適切な換気を行う。
3.有機溶剤の放散が規定値を下回る家具類を設置する。
4.防虫防カビ剤の使用を控える。
5.清掃を励行する。
6.軟質プラスチック製品を室内に持ち込まない
7.開放型ストーブの使用は避ける。

空気性能詳細はこちら

  • 冷え
  • ヒートショック
  • ダニ・ハウスダスト
  • カビ
  • 花粉・粉塵・害虫
  • 化学物質(VOC)
  • 騒音

↑ PAGE TOP

家づくり知識 KNOWLEDGE OF HOME BUILDING
家づくりスケジュール
資金計画の立て方
建物の見方
地名と地盤
土地探しから
健康と住まい
  • 冷え
  • ヒートショック
  • ダニ・ハウスダスト
  • カビ
  • 花粉・粉塵・害虫
  • 化学物質(VOC)
  • 騒音
健康な街づくりのポイント


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問