一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH


資金計画の立て方
元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンや税金などの仕組みを学んで、賢い家づくりを進めましょう

ローンの返済方法について ローンの返済方法は、期間や金利の支払い方法、ボーナス支払いの有無など、お客様の状況に応じて最適な返済方法をお選び下さい。

返済期間

住宅ローンの借入金と利息を返済するための期間です。1年以上、10年以上、15年以上など最短返済年数には、さまざまな設定があります。最長返済年数は、35年以上が一般的です。返済期間は1年刻み、1ヶ月刻みなど、設定に合わせて選択可能です。
返済の終了年齢は、各商品ごとに「80歳未満」などに定められています。定年まで、または定収入がなくなるまでに返済期間を終えることが理想的です。自分の収入条件を考慮した最終の返済年から逆算して、返済期間を決定するこが基本となります。
返済期間は1年でも短く組むと、利息の軽減効果が大きくなります。また、将来の金利上昇に伴う返済額の増加というリスクのある期間を短くできるメリットもあります。

返済方法

住宅ローンの返済方法には、毎月の返済額が一定の「元利均等返済」と毎月の返済額に占める元金返済額が一定の「元金均等返済」の2種類があります。元金均等返済は取扱い金融機関が少なく、元利均等返済が一般的に多く利用されています。借入額、金利、返済期間が一定なら、元金均等返済の方が返済額は少なくなります。

元利均等返済方法

「金利が同じ」という条件の場合に、元金と利息を足した月々の返済額が、返済期間の最初から終わりまで、一定で変わらないという返済方法です。
返済金額に占める元金と利息の割合は、毎回変わり、初回の支払いでは利息の割合が高く、返済が進むと徐々に利息の割合が減り、元金の割合が増えていきます。
どの金融機関も取り扱っており、多くの人が利用しています。借入額、返済期間や金利が同じなら、元金均等と比較して支払う総返済額が多くなりますが、当初の負担は少なく、借入のための収入基準も低くなります。

元利均等返済方法のグラフ
メリット
返済額(元金+利息)が一定のため、返済計画が立てやすくなる。また元金均等返済に比べて、返済開始当初の返済額を少なくする事ができます。
デメリット
同じ返済期間の場合、元金均等返済よりも総返済額が多くなります。
借入金残高の減り方がおそくなります。

元金均等返済方式

元金を返済の最初から終わりまで、毎月均等に返済していく方法です。借入れ額を返済回数で割れば、月々の元金返済額がわかります。毎月支払う利息分の返済額は、返済当初が最も多く、返済が進むごとに減少していきます。そのため、毎月の返済額も、減少していきます。
借入額、返済期間や金利が同じなら、総返済額は元利均等返済よりも少なくなりますが、当初の返済額は多くなります。そのため、借入条件として、元利均等返済の場合よりも高い収入基準が要求されます。同商品を取り扱う金融機関は少なく、利用できるケースは限られています。

元金均等返済方式のグラフ
メリット
返済額(元金+利息)は返済が進むにつれて少なくなります。元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、同じ返済期間の場合、元利均等返済よりも総返済額は少なくなります。
デメリット
返済開始当初の返済額が最も高いため、当初の返済負担が重く、必要月収も高くなります。
月額返済額(毎月返済額)
住宅ローンの返済のために、毎月支払う金額です。月々の返済額が、手取り月収の30%を越える場合は、家計への負荷が重くなります。特に教育や介護で出費が増える可能性のある家庭は、厳しい状況に陥る場合があります。余裕を持った返済額の設定が望まれます。
ボーナス併用払い/ボーナス返済分(ボーナス借入返済額)
借入額の一部をボーナス時に支払う方法です。月々の支払い額とは別に、6ヶ月ごとにボーナス返済分を上乗せして支払うことになります。「毎月返済+ボーナス返済」が、年間の支払い額になります。利用可能な上限は金融機関ごとに異なります。以前は借入総額の5割までとなっていましたが、最近は4割程度までに設定しているケースが多くなっています。
月々の支払いにかかる借入額が減少するため、毎月の返済額が軽減されますが、ボーナス払い分の元金は毎6ヶ月据置かれるため、金利負担が発生し、同一期間のローンで比較すると、月払いのみの返済よりも総額返済額が多くなります。ボーナス時の返済額を多く設定すると、ボーナス支給額が減少した場合に、返済が厳しくなるケースも考えられます。ボーナス返済額は借入額の1〜2割程度にとどめるのが安全です。ボーナス返済を併用するメリットは毎月の返済額を軽減できることですが、月額返済額を軽減しないで返済期間を短縮するという選択も可能です。

↑ PAGE TOP

家づくり知識 KNOWLEDGE OF HOME BUILDING
家づくりスケジュール
資金計画の立て方
  • 様々な住宅ローンの特徴
  • 元利均等返済と元金均等返済
  • 住宅ローンの借入限度額は?
  • 人気のフラット35って?
  • 家を建てるときの税金
  • 今が住いづくりのチャンス!
建物の見方
地名と地盤
土地探しから
健康と住まい
健康な街づくりのポイント


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問