一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH


Q&A 外内ダブル断熱工法について

Q.デザインの特徴は?
A. cubeの名前のとおり、立方体のような、 シンプルモダンの外観デザイン。シンプルだから、飽きがこない=長く住む家として大切なポイントです。
Q.どんな性能ですか?
A. 「超気密・超断熱」構造で、業界トップレベルの省エネ・快適性能を実現し、次世代省エネ基準に比べて冷暖房費を1/2~1/4に削減できます。さらに、各階を強固な箱状に仕上げるツインモノコック構造で地震に強く、防腐防蟻処理でシロアリの対策もばっちりの「超耐震・超耐久」構造です。
Q.全館床暖房とオール電化が標準仕様って本当?
A. 本当です。再熱除湿エアコンを装備しグッドデザイン賞も受賞したヒートポンプ式全館床暖房と、最新のIHクッキングヒーターとエコキュートなど経済的にもおトクなオール電化。いずれもi-cubeでは標準仕様です。
Q.どうして超断熱なのですか?
A.一般的な住宅の断熱材は外壁にグラスウール(90mm)を使いますが、i-cubeはグラスウールより1.5倍の断熱性を持つEPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)を外側に50mm、内側に140mmを使った外内ダブル断熱工法を採用。だから、超がつくほどの断熱が実現できるのです。
Q.どうして超耐震なのですか?
A. 一般的に多い木造軸組構造は、外力が接合部に集中しゆがみやすい弱点があります。i-cubeが採用しているツインモノコック構造は、外側からの高い気圧を受けて飛ぶジェット機と同じ構造。壁全体の面で外力を受けるから地震のような外からの力に強でもバランス良く力を分散し変形しにくい構造なんです。
Q.どうして超耐久なのですか?
A. 家が長持ちしない原因のひとつはシロアリ。一般的な住宅では、防腐蟻薬剤を表面塗布処理で行い、5年に1度のメンテナンス(約20〜30万円)が必要です。i-cubeは、薬剤を加圧注入処理で行うので75年以上もメンテナンスフリーだから末永く安心です。しかも使用する防腐防蟻薬剤は、環境に配慮した化学薬剤として認められウェットティッシュやおしぼり、公共遊具などにも使われているACQだから安心です。
Q.省エネ性能を裏付けるものがありますか?
A. 熱が家からどれだけ逃げているかを表す数値=Q値(単位はW/㎡・K)で見てみましょう。Q値が小さいほど断熱性に優れて冷暖房費が安く、住み心地のよい家ということ。i-cube のQ値は全地域で0.76。次世代省エネ基準のQ値は地域ごとに異なりますが1.60〜2.70。次世代省エネ基準よりずっと優れたQ値を持つi-cubeは、超がつく省エネ性能を備えているのです。是非他の検討商品と比べてみてください。
Q.超省エネということは、CO2排出量も少ないということ?
A. Q値0.76のi-cubeの冷暖房による年間CO2排出量を0.7トン/年とすると、次世代省エネ基準のQ値1.60の家では1.9トン/年、同Q値2.70の家では3.5トン/年となります。Q値の低いi-cubeは地球温暖化にも貢献できる家なんです。
Q.どうして超気密なのですか?
A. i-cubeは隙間が少ないから、外気の影響を受けにくく、効率よく湿度と温度の管理が可能なのです。その隙間の少なさ=気密性を表すのが、C値(単位はc㎡/㎡)。i-cube はC値0.59、次世代省エネ基準の家はC値2.00〜5.00。圧倒的にC値が優れているi-cubeの隙間はハガキ1枚以下です。
Q.全館暖房の全館ってどのくらいの範囲ですか?
A. i-cubeの全館暖房は生活スペースのほぼ100%をカバーしています。各部屋や廊下はもちろん、浴室、洗面所、納戸、ホール、クローゼットまで敷設してあります。だから、家中どこにいてもほとんど温度差がなく、健康的で快適です。
Q.換気システムはどうなっていますか?
A. i-cubeの換気システムには、花粉を98%もカットする高性能フィルターを装備しています。しかも、給気フィルターの交換時期をリモコンが教えてくれ、交換の手間もかからず簡単。
Q.オール電化住宅のメリットは?
A.キッチンで使うIHクッキングヒーターは、ガスのように高火力で中華料理などもおいしくでき、揚げ物自動温度設定、自動湯沸かし、両面焼き自動グリルがついていて安全かつ便利に調理ができます。経済的にもおトク、20℃の水1を90℃に沸かすのに都市ガスバーナーは3.16円、3分19秒かかるのに、IHクッキングヒーターは2.49円、2分16秒。エコキュートの給湯費はガス給湯器の1/5。しかも、オール電化なら、空気が汚れず、安心安全です。
Q.サッシにもこだわっているそうですが?
A. 家の中で最も熱が逃げやすいのは窓。なので、i-cubeでは断熱性能の高い樹脂サッシを標準仕様にしています。樹脂サッシの熱貫流率は1.72、アルミサッシよりずっと高い数値です。これに複層ガラスを組み合わせて、遮音性も抜群(等級3)の窓が実現しました。また、窓のスクリーンには断面が2層のハニカム状(蜂の巣)になっていて断熱性を高めるダブルハニカムシェードを採用し、さらに熱を逃がしません。
Q.防犯面はどうなっていますか?
A. 泥棒など侵入犯の最も多い手口であるガラス破りの対策として、1階全窓と2階バルコニー窓・ドアには「防犯警報装置器」を標準設置しています。外部スピーカー付きなので、万が一の時には近隣にも異常を知らせることができます。さらに内側複層ガラスに防犯フィルムをオプションでご用意しています。

↑ PAGE TOP

Q&A
企業について
住宅展示場について
夢の家I-HEAD構法について
外内ダブル断熱工法について
一条ハイブリッド免震構法について
天然木・素材へのこだわりについて
テクノロジーについて
保証・アフターサービスについて
新卒採用サイトへ
キャリア採用サイトへ


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問