住宅の長寿命化への取組み

防腐・防蟻処理など、耐久性を向上

“貴重な地球資源を大切に使う”という観点から、住宅の長寿命化は省エネルギー化と並ぶ重要なテーマといえます。一条工務店では、「メンテナンスフリーで長持ちする住まい」を目指して、防腐防蟻の薬剤を木材中に固着させる「加圧注入式処理」や、壁体内結露を防ぐ「エアーフローシステム」など、多彩な耐久技術を開発・投入。確かな定期メンテナンス体制と相まって、住まいの寿命を大きく伸ばすだけでなく、大地震などの災害時にも確かな安心を提供します。

加圧注入処理

エアーフローシステム

コスト面でも優れた戸建免震を実用化

一条工務店では、住宅の長寿命化を追求する上で、建物の耐震性、耐久性の向上だけでなく、免震技術の研究開発にも積極的に取り組んできました。その結果、免震住宅の供給戸数は2016年3月現在で、累計4,100棟に達し、業界No.1の実績を誇っています。かつては技術的・コスト的に困難といわれた戸建住宅の免震化。一条工務店はこの2つの難関を見事に解決し、極めて実用的な戸建免震として「一条ハイブリッド免震構法」を実現し、免震住宅の全国的な普及を可能にしました。“地震列島”といわれる日本で「真に安心の住まい」を建てるには免震技術は極めて重要です。
被災時の住宅復興において「建て替え」が主流となってしまっては、せっかくの地球温暖化対策も効果が半減してしまうでしょう。住宅とは、住み心地が良く健康的に暮らせる家であり、また、大きな災害に対しても生命・財産を守る家でなければなりません。私たち一条工務店は、「i-シリーズII」や「夢の家」、「免震住宅」をはじめとする高性能住宅の普及促進が、地球温暖化対策への貢献につながる持続的な活動となると確信し、これからも全社をあげて取り組んでまいります。