耐震リフォームのメリットと工事例

一条の「耐震リフォーム」なら、建て替えなしで地震に強い家に生まれ変わらせます。

一条の耐震リフォームとは?

一条工務店の「耐震リフォーム」は、厳しい耐震基準をクリアするために、一邸一邸、綿密に調査・検討した上で、最も適した耐震強化策をお勧めします。住まいの壁をはがして筋違い(すじかい)を補強したり、金物を追加する場合もあります。また、構造用合板で壁の強度を高めるなど、巨大地震から大切なお住まいやご家族を守るためのリフォームです。

一条の耐震リフォームのメリット

POINT 1

毎日の生活はそのままです。

POINT 2

短期間で安心の住まいを実現します。

POINT 3

うれしい低コストでご提供します。

耐震リフォームのスケジュール

  • 耐震リフォーム相談
    工事相談申込書
  • ご自宅訪問
    お住まいの調査
    地域調査
  • 耐震診断
  • 補強計画書提出
    お住まいの調査
  • お見積り
  • ご契約
  • 着工
  • 工事完了
    工事完了
    御引渡し

工事例1 壁耐震工事

壁耐震工事とは

壁の耐震性を高めるには、家全体の壁のバランスを考えることが大切です。そのために一邸ごとに、壁・柱などの構造計算を行います。そして、壁の強さの偏りがないよう、構造用合板や金物などを外壁側、あるいは内壁側から補強します。

「耐震金物」の取付け

1.筋違い金物
地震の時に、「筋違い」が揺れて外れることがないように、柱と梁に専用の金物でしっかりと固定をします。

2.ホールダウン金物
地震の揺れで、柱が梁や土台から引き抜かれないように、ホールダウン金物でしっかりと固定をします。

「筋違い」の取付け

「耐震診断」の結果を踏まえて、地震に抵抗するための耐力壁を造るために、「筋違い」を適所にバランスよく取り付けます。

「構造用合板」の取付け

「構造用合板」を壁に張ることで、壁を補強します。また、合板単体では壁の耐力が不足する場合は、「筋違い」と併用することもあります。

耐震工事にあわせて、室内リフォームを実施

耐震補強工事にあわせて、室内のリフォームをすれば、耐震性能を備えた、美しく快適な空間に生まれ変わります。写真はイメージです。

工事例2 基礎付け壁耐震工事

基礎付け壁耐震工事

溶融亜鉛メッキを施した鉄製の耐震補強金物を基礎と壁内の柱に取り付け、ボルトで固定することにより、万一の地震時に建物の引き抜きによる倒壊を抑制します。尚、この補強金物は1セットで6トン近い引っ張り力に耐えられるよう設計されています。

  • 計4ヶ所のボルトで基礎を固定するプレートをガッチリ固定します。
  • 基礎と壁内の柱を金物でしっかり固定します。

木質耐震シェルター

大地震で建物が倒壊しても命だけは守りたい。家の中にシェルターをつくるという新発想。「木質耐震シェルター」施工費25万円(税抜)。既存のお住まいに手を加える事なく、工期もわずか2日間で設置できる耐震シェルターです。大きさは、内部にシングルベッドが2台設置できる広さを確保し、常時居住にも違和感のないクロス貼り仕上げとしています。

木質耐震シェルターを室内に設置した実際の建物を倒壊させ、性能を確認。実験後のシェルターには損傷がほとんどなく、シェルター内の安全を確保できることが実証されました。

耐震リフォームのお問い合わせは