住まいの性能

国が認める高い耐久性

一条工務店の住まいは、
全商品が「長期優良住宅」に適合

耐震性、耐久性、省エネ性などの基本性能が高く、世代を超えて住み継げる家の証として国が推奨する長期優良住宅。一条工務店では、長期優良住宅の普及にも積極的に取り組んでおり、累積申請実績は業界でNo.2となっています。

結露対策と高性能断熱材で
住まいの高寿命化を実現

気密性の高い住まいでは、壁の中の結露を防ぐ対策が重要です。目に見えない壁の中で起こった結露は、カビや腐れを発生させ、徐々に建物の耐久性を弱めていきます。そこで「夢の家」では、外壁に、エアーフローシステムを採用。外装材と透湿防水シートの間に設けた通気層から湿気をスムーズに排出します。
また、壁の中の高性能断熱材EPS1号相当は、断熱性だけではなく、耐水性にも優れています。透湿性が低く水蒸気を通しにくいため、繊維系断熱材(グラスウールなど)のように断熱材の中に湿気が溜まって結露することを防ぎます。

万全な腐れ・シロアリ対策

「夢の家」の防腐・防蟻処理は、安全性の高い薬剤である「ACQ※1」を加圧注入する方法を採用。木材を注入タンクに入れ、圧力をかけて薬液を浸透させるという方法で、木材の深くまで薬液が浸透し、75年以上※2 ※3の効果を保つことができます。

※1 ACQの主成分は、市販のシャンプーやおしぼりにも使われており、アメリカのEPA(環境保健局)により安全性を認定されています。
※2 出典:コシイプレザービング資料「野外試験によるACQ加圧注入処理剤の耐用年数推定」より
※3 床下の基礎部分には10年毎に再処理を施すことで、より高い効果が持続します。

結露を防ぐ高断熱性の「窓」
防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ

ガラスは、室外側と中間に2枚のLow-Eガラス、室内側に防犯合わせガラスを採用し、ガラス間2層には熱伝導率がアルゴンガスの1.7倍低いクリプトンガスを充填。ガラス間のスペーサーはアルミよりも大幅に熱伝導率が低い樹脂製を使用。全体を高性能樹脂枠へ組み込み、熱貫流率(U値)0.8W/㎡・Kを達成しました。 冬でも外気によって窓が冷やされないため結露の発生が抑制され、壁紙が濡れたり壁の中に染み込んで、カビが発生するのを防ぎます。