木へのこだわり

木のよさを最大限に引き出す、「本物の家」づくり。

目に耳に穏やかな住環境をつくります

視覚効果

木に囲まれた空間は、なぜ優しく感じられるのでしょう。答の一つは、光の反射率。人が心地よく感じる反射率は50~60%といわれますが、檜など白木の板の反射率がちょうどこの範囲にあたります。自然の木肌の細かな凹凸が有害な紫外線を吸収し、まぶしさを和らげてくれるのです。

音響効果

そして、もう一つの答は、音響への作用です。コンクリートや石の空間で発した音は、そのあとに強い残響音を残します。その点、木は音を適度に吸収し、心地よく響かせる効果を持っています。コンサートホールなどに木が多用される理由もここにあるのです。

高温多湿の日本にぴったり
天然の調湿作用

湿気に強い

高温多湿の夏。寒さと乾燥の冬。そんな日本の気候風土に、木はぴったりの住宅素材です。「木は呼吸する」といわれるように、木は優れた調湿作用を備えています。これにより、湿度の高い季節は湿気を吸い、乾燥した季節は室内に水分を放出。1本の柱で1.2ℓもの水分を蓄えることができるため、その働きもパワフルです。

断熱効果

パイプ状の細胞の集合体である木は、そのパイプの中の空気が熱の伝導を遮り、コンクリートの10倍もの断熱性能を発揮します。その結果、温度・湿度ともに、快適な室内環境を保ってくれるというわけです。

ダニやカビの発生を抑えます

アレルギーの原因といわれるカビやダニ。木の家なら、その発生を抑えることができます。なぜなら、木は天然の調湿作用を備えているため、結露しやすいコンクリート住宅に比べて、湿気を好むカビやダニが繁殖しにくい環境を作るからです。また、ヒノキなどの木は抗菌・防虫効果に優れた天然物質を含んでおり、木そのものがカビやダニを寄せつけません。しかも、その天然物質には抗アレルギー効果もあることが、最近の研究でわかっています。

高耐久な木の家なら
暮らすだけでエコロジー

地球温暖化などの原因であるCO2。一条工務店の家をはじめとした木造住宅は地球に優しい構法といえます。
なぜなら木は伐採されて木材となったあとも、空気中のCO2を吸って内部に保管します。さらに、耐用年数が長いほど建替えも少なくなり、廃材の焼却時に発生するCO2の量を抑えることができます。
一方、構造別に建築・生産時に発生するCO2の量を比べた調査でも、エコロジーな住まいは木造住宅ということがわかりました。

建築構造別炭素固定量と
生産時の炭素発生量