一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH



テクノロジー/夢の家I-HEAD構法
耐火性能

建物の外からも内からも高い耐火性能を追求。


実大実験

実大耐火実験で確認された、火災時に延焼しにくい家。

一条工務店では、平屋、一般仕様(2階建)、耐火仕様(2階建)の3棟同時に実大火災実験を実施。
その結果、一般仕様の実験棟は着火後15分で全焼したのに対し、耐火仕様の実験棟は2階に燃え広がるのに30分以上の時間がかかり、極めて延焼しにくい家であることが確認されました。

2階建単室モデルによる火災実験

2階建単室モデルによる火災実験


壁構造

外からのもらい火に強く、火災発生時には燃え広がりにくい壁構造。

火災実験により独自の防火認定をとった30分耐火の壁構造が標準。各部屋の壁や天井には不燃性の石膏ボードを使用し、サッシやパネルは防火認定済のものを使用するなど、すみずみまで耐火性にこだわっています。


「夢の家 I-HEAD構法」の家には、準耐火45分の性能を誇る外壁をご用意。外壁に炎をあて続ける実験で、この外壁の表面温度は約1,000℃まで上昇した際の室内側の温度は100℃以下。木材の着火温度260℃を大幅に下回るという優れた耐火性能を実証しました。

※お客様のご要望があれば、住宅性能表示制度の耐火等級における45分準耐火構造にあたる等級3への対応、火災保険の割引適用となる準耐火建築物へに対応をサポートします。

耐火実験

耐火実験

温度の推移

温度の推移


木材

木は鉄よりも火に強い素材

木は燃えると表面が炭化し、火が内部まで通りにくくなるので、燃えにくくなります。一方、鉄は800℃以上の熱にさらされると急激に強度が低下し、変形してしまいます。火災の際、木の家なら、構造体の耐力がなくなるまで時間がかかるため、避難する時間がかせげるのです。

左側は断面。右側は30分、炎にさらしたもの。

木は表面が炭化すると燃えにくくなり、長時間にわたって強度が保たれます。左側は断面。右側は30分炎にさらしたもの。

木材・鉄の火災による強度の低下

木材・鉄の火災による強度の低下


火災警報装置機

火災警報装置器で、就寝中の出火もいち早く感知。主寝室などには煙感知式、キッチンには熱感知式。

火災警報装置器

火災警報装置器



↑ PAGE TOP

テクノロジー

  • 夢の家  I-HEAD構法
    • 耐震性能
    • 耐久性能
    • 省エネ性能
    • 空気性能
    • 耐火性能
    • 施工プロセス
    • 免震住宅
  • 外内ダブル断熱工法
  • 太陽光発電
  • 全館床暖房
  • 木へのこだわり
  • 邸宅別自由設計
  • 健康へのこだわり
  • 長期優良住宅


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問