一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH



テクノロジー/夢の家I-HEAD構法
耐震性能  実大実験

「家づくりを科学する」実大建物による加震実験を繰り返し、本物の耐震性を実証しています。


一条の家の強さは、実大建物を使った耐震実験で裏づけられています。

1985年、東京大学をはじめとする大学や研究機関と連携しての実験活動を開始しました。それも模型を使った実験や理論値での性能評価ではなく、あくまで「実物大の建物で実験する」ことを信念としています。2002年には「夢の家」を使った実大建物で振動実験を行いました。建物に阪神・淡路大震災の約1.5倍の力で縦横上下の3次元で揺らしましたが、建物への被害はほとんどなく、震動実験後の気密試験の結果、実験前と変わらない気密性を維持していることが分かりました。

※これらの実験は延べ1ヶ月、阪神・淡路大震災クラスの揺れを10回以上与えテストしました。

イメージ説明文

実大建物を使い、実際に近い条件で実験します。


在来軸組構法・木造3階建住宅の実大構造実験を日本で初めて行いました。

1988年、建築基準法が改正された際、一条工務店の家が適応できるかを実証する実験を日本で初めて行いました。それが1989年の「在来軸組構法木造3階建住宅の実大構造実験」です。

実験方法は油圧ジャッキで3階の床部分を引っ張るというもの。最大水平加圧約294kN(キロニュートン)が加えられ、結果建物の変形は少なく、傾きもわずか15.6cm。これにより関東大震災(約84.2kN)や伊勢湾台風級の風圧(約127.4kN)にも十分耐えられることが実証されました。

実大構造実験

日本初の在来軸組構法木造3階建住宅の実大構造実験を実施。


伝統構法を生かし科学的データを活かす。一条の家づくりは日々進化しています。

独自の風土や気候条件に育まれてきた、日本の伝統建築。その知恵と技を生かしながら、現代のお客さまのライフスタイルに合った木造住宅をお届けする為、一条工務店は「科学的データに基づいた合理的な家づくり」を信念に、数々の実大実験によって性能の確かさを実証してきました。これらの貴重なデータは「家づくりを化学する」一条工務店の家づくりに活かされているだけでなく、木造住宅の性能向上にも貢献しています。



↑ PAGE TOP

テクノロジー

  • 夢の家  I-HEAD構法
    • 耐震性能
      • 地盤調査
      • 基礎
      • 構造体の強さ
      • 実大実験
    • 耐久性能
    • 省エネ性能
    • 空気性能
    • 耐火性能
    • 施工プロセス
    • 免震住宅
  • 外内ダブル断熱工法
  • 太陽光発電
  • 全館床暖房
  • 木へのこだわり
  • 邸宅別自由設計
  • 健康へのこだわり
  • 長期優良住宅


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問