佐藤様

佐藤様

VOICES.L

神奈川県 佐藤様

木の温かみや自然の素材をたくさん取り入れた家ができました。

  • 階数:2階建
  • 家族構成:3名様
外装のカラーリングが目を引くお家ですね。
ご主人:(外壁に)真っ白に茶色いサッシっていう(組み合わせ)はあまりないという話を聞いて、それで他の家と差別化を図りたいと思いました。緑色のドアはやっぱりインパクトがあるんですけど、そこで人目を引くような形で選びました。玄関は、お客様用と家族用を分けてすっきり見せる。子どものものだったりとか、ベビーカーだったりとか、年月が経つと入れ替わっていくものをなるべく隠せるような、「家族のものは隠す」というコンセプトで作りました。
内装にもそれぞれこだわりが見られます。
ご主人:私たちは木の温かみと言いますか、ブラウンにこだわりを持って内装を決めていきました。やっぱり温かみが出ますよね。生命感と言いますか、ちょっと無機質な感じが苦手なので、マイホームを建てるなら落ち着けるような家にしたくて、この温かみ(のある色)や自然の素材を積極的に取り入れていきました。床材にもこだわりましたし、あとは建具ですね。カップボードや洗面台もブラウンで統一しました。
奥様:天井は、ブログやSNSとかいろいろ見ていいなと思って、この床に合うような色にすることにしました。
ご主人:リビングの上が吹き抜けになっていて、ソファーに座った時に目によく入るので、そこにも自分たちのこだわりのものを入れたくて。(キッチンは)これだけの御影石だと、通常だと考えられないようなお手頃価格で入れられたので、見た目だけじゃなくて機能性も考えて、どうせだったらカップボード側も御影にしようと思って統一しました。あとは、収納のために棚とかを置きたくなくて。一条でつけてもらえる収納だけでうまいこと物を全部収納したいと思っていました。場所や容量も、動線を含めた上ですごく考えました。
奥様:パントリーも自在棚が入っていて、結構大容量で収納できるようになっているんですけど、初めはパントリーをこのLDKの中に収めるにはどうしようかとずっと考えていました。
ご主人:車で週末にたくさん買い物をして、それを家の中に運ぶ時のことを考えて、パントリーに直接勝手口をつけて、車から(荷物を)出したらそこから全部しまえるようにしました。
奥様:しまいながら中に入ってくるみたいな感じですね。
ご主人:家事の動線としても、機能的にはかなり考えられてる部分じゃないかなと個人的には思います。ブックシェルフを2階の廊下に作っているんですけど、限られたスペースで必要なものを必要なところにちゃんと収納できるようにしたくって。あとから本棚やタンスを買うことはどうしてもしたくなかったので。掃除をするのも大変だと思うんですね、裏側だったりとか。どうしてもすっきり見せたかったので、最初にどこに何をしまうかは、綿密に妻と相談して決めました。
ご主人:部屋の数だったり、吹き抜けが欲しいということは、最初に家を買う時になんとなく考えていて、それをなんとか実現できないかと。廊下はできるだけ減らしてほしいのと、部屋を広く取りたいんだという、家族のこだわりをすごく聞いていただいて、うまいことつくっていただきましたね。なので、かなり満足しています。
個性的なカラーリングの外装と、動線まで意識した効率的な間取りの家を手に入れた佐藤様ご夫妻。温もりの感じられる素敵な空間で、お二人からお話を伺うことができました。

佐藤様

こちらの記事は動画でもご覧いただけます

Play Movie