一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH



社会貢献活動


耐震補強工事20,800棟を無償で実施

地震に強い家づくりは、一条工務店の創業以来のポリシーです。しかし、創業当時は十分な耐震性だったとはいえ、耐震技術の向上は日進月歩。大規模な被害が 懸念される東海地震にいち早く備える必要も痛切に感じ、私たちは今まで建てていただいたお客様へのサービスを決断しました。2002年2月から、まずは静岡、愛知、三重県でお引き渡し済みの約11,500棟を対象に「耐震補強工事」を無償で実施。併せて「家具の転倒防止金具」の取り付けも無償で実施しました。これ以降も、全国に範囲を広げ、延べ20,800棟(2009年2月現在)の耐震補強工事を行っております。一条工務店は、今後も「地震に強い家づくり」にこだわり、多くの方に末永く安心して暮らしていただくという社会貢献活動に今後も取り組んでまいります。


杉山英男記念館を開設

日本の木造建築の工法や耐震化研究の第一人者として知られた東大名誉教授・杉山英男氏(静岡市出身、1925〜2005)を顕彰する「杉山英男記念館」を 2009年7月12日に開設しました。館内には、杉山先生愛用の机やいす、本棚などを展示。書庫には国内外の大地震の資料や建築物の写真など、杉山先生の蔵書や学術論文約2万点のほか、多くの住宅研究資料を収蔵しています。一条工務店では、杉山先生の多大な功績を称えるとともに貴重な研究成果を後世に伝えるべく、記念館を広く一般に公開いたします。また、それにより木造建築の持続的発展に寄与することが一条工務店に与えられた社会的責任であると考えております。

●開館時間は毎日(年末年始は除く)午前10時〜午後5時。事前予約制。
 問い合わせは同記念館:電話(0120)543-511

杉山英男先生

杉山英男先生プロフィール
わが国を代表する木質構造学の権威。旧制静岡中を経て東大大学院建築学科卒。元東京大学名誉教授。日本木材学会の会長を務め、木質プレハブ工法、枠組壁 (ツーバイフォー)工法の国内での普及に貢献した。地震災害現場での木造住宅の被害調査もライフワークとし、1995年の兵庫県部地震では、国の木造住 宅等震災調査委員長も務めた。



↑ PAGE TOP

CSRの取り組み

  • 地球温暖化防止
  • 住宅の長寿命化
  • 国産材利用
  • ゼロ・エミッション
  • 化学物質削減
  • 社会貢献活動
  • 人材教育


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問