一条工務店お問い合わせ先一覧

  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • ENGLISH



ゼロ・エミッション

建設業界は、産業廃棄物の排出量全体の約18%を占め、環境に対する負荷が高いため、廃棄物の削減や資源の有効利用、環境配慮の取り組みが強く求められています。こうした現状を踏まえ、一条工務店ではリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再資源化)という3R活動を推進し、「埋立処分を行わない」「エネルギー利用を伴わない焼却をしない」「積極的なリサイクルをする」ことによるゼロエミッションの達成に向けて継続的に取り組んでいます。


プレカットによる現場廃材の削減

一般に木材加工は手間のかかる作業であり、その過程で多くの端材や木屑が排出されます。しかし、プレカットした柱やパネルが届けば、現場で加工する必要がなく、加工時に発生する端材も削減する事が可能となります。そこで、一条工務店では業界に先駆けて木材のプレカットシステムを導入してきました。このシス テムは、部材の加工精度を高めるために工場でコンピュータ制御によって木材加工するもので、建築現場での大幅なゴミの削減に役立っています。


広域認定取得で、資源循環型リサイクルを推進

一条工務店では、2008年6月に「木くず」と「廃プラスチック」2品目の広域認定を取得。施工現場での廃棄物を削減するだけでなく、より高度な資源循環 型のリサイクル促進に取り組んでいます。施工現場で発生した廃木材を自社回収拠点に持ち帰り、そこでさらに分別を行い、パーティクルボードの材料になる チップ原料にリサイクルする。また、チップ原料を再生利用したパーティクルボードを加工し、全館床暖房パネルとして製品化しています。このような一貫した 取り組みによって現段階での新築現場から発生する1棟あたりの全体の廃棄物量を13.4m3から7.9m3へと約41%削減することに成功しました。今後は、広域認定による回収品目の増加、リサイクルルート拡張による資源循環型リサイクル品目の追加、分別回収拠点の追加を行い、ゼロエミッションの達成を目指してまいります。



↑ PAGE TOP

CSRの取り組み

  • 地球温暖化防止
  • 住宅の長寿命化
  • 国産材利用
  • ゼロ・エミッション
  • 化学物質削減
  • 社会貢献活動
  • 人材教育


  • カタログ請求
  • メールで無料設計受付中
  • リアル体験会開催中!
  • 海外からのお問い合わせ

動画で見て、楽しめる!ichijo.tv放映中!

  • よくあるご質問