暮らしイイコト調査

暮らしの“気になる”を何でもアンケート 暮らしイイコト調査 暮らしの“気になる”を何でもアンケート 暮らしイイコト調査
暮らし方やそれにまつわる悩みごと、安心・快適に過ごすための対策、省エネに対する意識などの「今」を知るために、
一条工務店では広く一般の皆さまへアンケート調査を継続的に実施しています。
ここでは、その様々なテーマの調査結果をご紹介。
一つひとつの“気になる”から、次の暮らしの“イイコト”が見えてきます。
「コロナ禍3度目の夏 犬・猫との暮らしに関する意識調査」結果を発表
犬・猫の熱中症対策を行っている人は約97%
コロナ禍になってから犬・猫を飼い始めた、増やした人は約3割
飼う前と後で、家族とコミュニケーションが増えた人は7割以上
2022年8月3日
「住まいのインテリアに関する意識調査」結果を発表
7割以上が“インテリアにこだわりたい”と回答
来客の視線やSNS映えよりも自分たちの満足を求める傾向に
好きなインテリアテイストは全年代で「ナチュラル」が1位になるも
「実現できていない」人が6割以上!現実と理想にギャップあり!?
2022年5月30日
「自宅内における花粉症に関する意識調査2022」結果発表。
帰宅した自宅内でも外出先と比べ症状が軽減されない人が半数以上。
約4割の親が子どもの花粉症と感染症の症状の区別がつかず不安。
2022年3月28日
「冬の自宅内の寒暖差に関する意識調査」結果を発表
寒い時期に自宅内の寒暖差がつらいと感じる人の割合は約9割
8割近くが自分または家族のヒートショックが心配と感じている
一方、ヒートショックを心配していても対策は「何もしていない」人が2割近くに
2021年11月30日
「冬場の自宅の乾燥・換気に関する意識調査」結果を発表
加湿器利用者の9割以上が手入れや給水作業を負担と感じている。
約7割が「コロナ以降、換気を意識するようになった」と回答。
自宅の換気を全くしない人が冬場になると夏場の2倍に。
2021年10月28日
「水害対策に関する意識調査」結果を発表
6割以上が水害のリスクを感じているが8割以上が備えをしていない
備えていない理由は、「何をすればいいのか分からない」が半数
自治体等から発令する大雨警戒レベルの内容について理解していない人が約4割
2021年9月1日
「夏の自宅内の湿気・暑さに関する意識調査」結果を発表
夏場に実施している湿気対策に満足していない人が8割以上
半数以上の人が冷房の設定温度について家族と揉めた経験あり!
在宅時間が増加した人のうち9割の人が昨年の夏に電気代が増加
2021年6月28日
「太陽光発電と家庭の電気料金に関する意識調査」結果を発表
太陽光発電設置を検討したいと考える人は約5割
検討理由1位「自然災害による停電の多発」2位「家庭向け電気料金の値上げ」
2021年4月22日
花粉症のピーク間近!「自宅内における花粉症に関する意識調査」結果を発表
自宅で花粉症の症状が出る人は9割以上 その反面、
自宅での花粉対策を強化していない人は7割以上であることが判明
2021年3月9日
アンケートに参加ご希望の皆さま アンケート調査を実施する際は、当社の公式LINEにてご案内しております。ご回答頂いた方には抽選でプレゼントもご用意。ご興味のある方は、「お友達登録」をお願いします。 公式LINEのご登録はコチラから アンケートに参加ご希望の皆さま アンケート調査を実施する際は、当社の公式LINEにてご案内しております。ご回答頂いた方には抽選でプレゼントもご用意。ご興味のある方は、「お友達登録」をお願いします。 公式LINEのご登録はコチラから