暮らしにいいコト
たくさん。

公式SNS

公式HP

  • ホーム
  • エアコンの温風が原因?家の中での乾燥対策はどうすればいい?

2022.06.22

健康と住まい 10-3[家の中での乾燥対策]

エアコンの温風が原因?
家の中での乾燥対策は
どうすればいい?

title

空気が乾燥する冬は、肌の乾燥にも注意が必要です。
加湿器の使用など、家の中でできる対策方法をご紹介します。

冷えは万病の元
冷えは万病の元

肌がつっぱったり、かゆみを感じたり、冬場の肌乾燥に悩まれている方は多いのではないでしょうか。もしかしたらそれは、エアコンなどの暖房機器が原因かもしれません。

エアコンの温風で
肌の水分が失われる

冬場は暖房機器を使用する機会が多く、家の中の空気が乾燥しがちです。アンケート調査によると、8割以上の人が「自宅の乾燥が気になっている」と回答しています。
また、乾燥が気になるタイミングは「暖房している時」が最多です。

※一条工務店「冬場の自宅の乾燥・換気に関する意識調査」より
※一条工務店「冬場の自宅の乾燥・換気に関する意識調査」より
水分が蒸発

エアコンは温風によって室内の空気を直接暖めます。ただし、設定した室温よりも高い温度の温風を吹き出すため、それを浴びることで人の肌や粘膜の水分が奪われやすくなり、乾燥が進んでしまいます。

水分や保湿成分が失われると、肌がつっぱったり、かゆみを感じたりします。ひどい場合は、ひび割れや皮がむける乾皮症という状態になってしまいます。

また、乾燥は肌以外にも悪影響をおよぼす場合があります。のどには繊毛という器官があるのですが、乾燥によって繊毛の動きが鈍ると、バリア機能が低下し、ウイルスや細菌が体内に侵入する恐れがあります。ウイルスや細菌は気温16度以下で湿度が低い環境を好むといわれているので、冬場は特にしっかりと乾燥対策を行うことが重要です。

加湿で乾燥対策

冷えは万病の元

では、どのように乾燥対策をすればいいのでしょうか。エアコンなどの暖房機器は空気を乾燥させる原因となるため、加湿器を使うのはひとつの方法です。その際、部屋の広さに応じて適切な加湿量の加湿器を選ぶようにしましょう。また、洗濯物や湿らせたタオルを室内に干したり、入浴後、浴室のドアを開放したりしておくのも有効。室内の湿度を40〜60%にキープすることがポイントです。

室内の湿度が十分に高いと、風邪やインフルエンザなどのウイルスが、空気中の水分を取りこんで重くなり、長時間空気中に漂うことができなくなります。肌トラブルだけではなく、病気から身を守るためにも、しっかり加湿を行うことが重要です。

また、最近は換気・加湿・暖房が同時にできるエアコンのほか、湿度交換機能付きの24時間換気システムなどもあるので、新築の際は検討してみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ

エアコンの暖房は
設定した室温よりも高い温度の温風を吹き出す

肌の水分や保湿成分が失われ
つっぱりやかゆみを感じる

室内の加湿・換気を行うことが重要
特に湿度交換機能付きの24時間換気システムは有効

この記事のタグ

あかぎれカサつきひび割れ乾燥乾燥対策全館加湿全館換気加湿換気湿度粉ふき肌トラブル肌乾燥肌荒れ

記事をシェア

次に読みたい記事

空気をキレイにするためには、計画的な機械換気が必要?

空気をキレイにするためには、計画的な機械換気が必要?

2022.05.06

568VIEW

関連記事

家の中の温度差が引き起こすヒートショックとは?

家の中の温度差が引き起こすヒートショックとは?

2022.05.06

650VIEW

冷え性の原因は? 室内環境を整えると、冷え性が改善する?

冷え性の原因は? 室内環境を整えると、冷え性が改善する?

2022.05.06

598VIEW

暮らしに役立つ情報をお届け

LINEでも暮らしを豊かにする情報をお届けします。

LINE@登録

LINEアカウントで新コンテンツをお届け!

@ichijo_official

友だち登録はこちら 友だち登録はこちら

【操作方法】

右の二次元コードを読み込んで、
「友だち」登録してください。

QRコード