暮らしにいいコト
たくさん。

公式SNS

  • ホーム
  • 【2020年度版】住宅ローンの金利推移と家の買い時

2020.11.11

お金と住まい

【2020年度版】
住宅ローンの金利推移と家の買い時

賢い家づくりは、賢い資金計画から。
住宅ローンの種類や、それぞれの特徴を学びましょう。

今回は、金利の動向について解説します。

住宅ローンは今、“原価割れ”の状況

日銀の金融緩和政策によって、
住宅ローンの変動金利が1%を切っています

住宅ローンの金利は過去最低水準にあります。1990年代、バブル経済期の変動金利は8%台、2010年ごろでも1.5%程度でした。それが今や0.5%程度にまで下がっています。

住宅ローンの金利は本来、世の中の景気動向に連動して決まるものです。変動金利は短期プライムレートに連動し、それに1%上乗せするような水準で決められていました。しかし、日銀がマイナス金利政策を打ち出したことで、長期固定のフラット35の金利までもが低水準で推移するようになったのです。

住宅ローンは金融商品なので、一般の商品同様、原価に経費と利益を乗せなければ、金融機関の経営が成り立ちません。大胆な金融緩和政策によって“原価割れ”の状況が見えづらくなっていますが、実はこれ、普通ではない状況なのです。

金利の底は誰にもわかりませんが、いつまでもこの状況が続くとは思えません。過去最低水準であることは間違いないわけですから、住宅ローンを利用してマイホームを取得する人にとって、今この状況の恩恵は計り知れないでしょう。

フラット35借入金利推移

※2017年9月までは機構団信特約料別払いの【フラット35】の最頻金利に、機構団信特約料相当分(0.358%)を加算した参考金利

この記事のまとめ

日銀のマイナス金利政策

長期固定金利のフラット35の金利も低水準に

住宅ローンを利用してマイホームを
取得する人にとって
メリットの大きい状況

この記事のタグ

フラット35金利フラット35金利推移住宅ローン住宅ローン金利住宅ローン金利動向住宅ローン金利推移変動金利日銀短期プライムレート

記事をシェア

次に読みたい記事

住宅ローンはいくらまで借りられる?借入限度額を知ることが大事!

住宅ローンはいくらまで借りられる?借入限度額を知ることが大事!

2020.11.02

関連記事

変動金利と固定金利、あなたのライフプランに適した金利タイプは?

変動金利と固定金利、あなたのライフプランに適した金利タイプは?

2020.11.11

元利均等返済と元金均等返済で、総返済額が変わってくる?

元利均等返済と元金均等返済で、総返済額が変わってくる?

2020.11.11

暮らしに役立つ情報をお届け

LINEでも暮らしを豊かにする情報をお届けします。

LINE@登録

LINEアカウントで新コンテンツをお届け!

@ichijo_official

友だち登録はこちら 友だち登録はこちら

【操作方法】

右の二次元コードを読み込んで、
「友だち」登録してください。