暮らしにいいコト
たくさん。

公式SNS

  • ホーム
  • 私の年収だと、家の予算はいくらくらい?

2020.11.11

お金と住まい

私の年収だと、
家の予算はいくらくらい?

家を買うとき、建てるときの金額は、年収の何倍程度が適しているのでしょうか。

今回は、年収倍率から考える住宅購入金額について解説します。

年収倍率から考える住宅購入金額

ここでは、「2019年度フラット35利用者調査」の中から、注文住宅の場合の年収倍率データを見てみましょう。

年収倍率(注文住宅)

出典:住宅金融支援機構 フラット35利用者調査

予算を決める際、
年収の6〜7倍がひとつの指標

上のグラフが示すように、注文住宅の建築費と土地取得費の予算は、年収の6〜7倍が目安と考えていいでしょう。仮に年収が600万円の方の場合、3,600万円〜4,200万円が目安となります。予算を決める際、ひとつの指標にしてみてください。

年収倍率から考える住宅購入金額

年収倍率
年収 6倍 6.5倍 7倍
400万円 2,400万円 2,600万円 2,800万円
500万円 3,000万円 3,250万円 3,500万円
600万円 3,600万円 3,900万円 4,200万円
700万円 4,200万円 4,550万円 4,900万円
800万円 4,800万円 5,200万円 5,600万円
900万円 5,400万円 5,850万円 6,300万円
1000万円 6,000万円 6,500万円 7,000万円

この記事のまとめ

住宅購入金額の目安は、年収の6〜7倍です。

  • 年収が500万円の場合
  • 3,000万円〜3,500万円
  • 年収が600万円の場合
  • 3,600万円〜4,200万円
  • 年収が700万円の場合
  • 4,900万円〜4,200万円

この記事のタグ

住宅ローン住宅ローン借入住宅ローン年収家を建てる予算年収倍率注文住宅

記事をシェア

次に読みたい記事

住宅ローンの返済額は収入の何%以内におさめればいい?

住宅ローンの返済額は収入の何%以内におさめればいい?

2020.11.02

関連記事

住宅ローンの返済額は収入の何%以内におさめればいい?

住宅ローンの返済額は収入の何%以内におさめればいい?

2020.11.02

家を買うとき、建てるときの予算はどのくらい必要?

家を買うとき、建てるときの予算はどのくらい必要?

2020.11.11

暮らしに役立つ情報をお届け

LINEでも暮らしを豊かにする情報をお届けします。

LINE@登録

LINEアカウントで新コンテンツをお届け!

@ichijo_official

友だち登録はこちら 友だち登録はこちら

【操作方法】

右の二次元コードを読み込んで、
「友だち」登録してください。