計画換気を行う

換気システムは、その方式や特徴の違いをよく見極めて選ぶようにしましょう。

家全体の空気が2時間で入れ替わる換気能力が必要です。

換気方式の種類

2003年7月の改正建築基準法で住宅の計画換気が義務付けられ、放散有害物質によるシックハウスへの対策がはかられました。この法律により、1時間あたり0.5回の換気能力を持つ機械式換気を設置しなければなりません。換気には、その方法の違いにより、上の表のような3種類があります。従来、一般的だったのは自然給気を行う第3種換気ですが、隙間の多い家では給気口から給気されず、安定した換気経路を確保できないという欠点があり、最近では給排気ともに強制的に行う第1種換気が主流になりつつあります。当然、いずれの換気システムでも「建物の気密性」が十分確保されていることが第一条件です。建物の隙間が多いと、その隙間から給気してしまうため、室内すべての換気がなされないからです。

熱交換型と非熱交換型。快適さと健康面で比べてみましょう。

非熱交換型換気システムVS熱交換型換気システム

一般的な住宅の標準仕様である非熱交換型換気システムでは、外気温がそのまま入ってくるため、冬の夜、寝る時に寒くて換気システムを止めてしまう※ケースが多いといいます。また、冷気が室内で急に温まって結露し、滴が垂れて室内を傷めたり、放っておくとカビの発生につながったりします。新鮮な外気を室温に近づけて給気する熱交換型換気システムなら、そうした心配はありません。冷暖房で快適に保たれている室温を損なうことなく、家中の空気を入れ換えることができます。快適さと健康面の視点から、換気システムは「熱交換型」を選びましょう。
※換気扇を止めると酸欠になる可能性があるので、スイッチを切らないでください。

ダクト式換気システムでは、ダクト内を清潔に保つ配慮が必要です。

一般的な熱交換型換気システムでは、各部屋の給気・排気用にダクトを使用しています。このダクト内に汚れやカビが生じないよう、適切な対策が講じられているかどうかも大事なポイントです。例えば、常にダクト内に適切な風量が保たれているか。室内とダクト内の温度差が生じないようになっているか。高性能フィルターが装備されているか。さらにはフィルター交換まで留意されているか。こうした対策がないと、ダクト内にホコリが溜まり、結露が生じてカビが発生するといった弊害が生じかねません。各社の換気システムを比較検討される時は、換気能力の比較だけでなく、こうしたきめ細かな配慮までチェックすることをお勧めします。

給気口が、花粉や粉塵の取り入れ口にならないように。

高性能フィルター写真

換気システムの給気口は新鮮な外気の取り入れ口ですが、フィルターの性能によっては、厄介な花粉や粉塵などの取り入れ口になってしまいます。換気システムに使用されるフィルターの種類はさまざまですが、問題はその密度。例えば、花粉の大きさは20〜35ミクロンと大変微細です。
換気システムに組み込まれたフィルターが、これらをしっかり捕集できる高性能フィルターであるかどうかをしっかりチェックすることも大切です。

ステップ図 01 気密性を高める 02 断熱性を高める 03 湿度管理を行う 04 計画換気を行う 05 自然素材、F☆☆☆☆部材を使う