暮らしにいいコト
たくさん。

公式SNS

  • ホーム
  • 金利上昇リスクを避けたい人にオススメ!フラット35の特徴とは?

2020.11.11

お金と住まい

金利上昇リスクを
避けたい人にオススメ!
フラット35の特徴とは?

ここでは、フラット35の金利タイプや審査基準、保証の仕組みについて解説します。

低金利時代の今、注目されるフラット35

フラット35は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間金融機関が共同で提供する長期固定金利の住宅ローンです。借入期間は15年から最長で35年まで。審査基準が明確で、保証料・保証人は必要ありません。

特徴1:長期固定金利

<フラット35は長期固定金利>

15年から最長35年までの返済期間中の金利が決まっています。返済額もあらかじめ固定されているため、返済計画が立てやすく、金利上昇リスクへの不安がありません。逆に、金利が下がったときでも返済額は変わらない、というデメリットはあります。

特徴2:明確な審査基準

フラット35の返済比率(年間合計返済額が年収に占める割合)は、年収400万円未満なら30%以下、400万円以上なら35%以下と、基準が明確になっています。また、ローンの借入を申し込む際、勤続年数や勤務形態は問われないため、転職して間もない人や正社員ではない人でも借り入れしやすいのが大きなメリットです。

特徴3:保証料・保証人必要なし

銀行ローンでは保証料がかかる場合がほとんどですが、フラット35は保証料0円で利用できます。また、保証人も必要ありません。

【フラット35】S

フラット35Sは、耐久性・可変性や省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を購入・新築する際に、最長で当初10年間、金利が引き下げられる制度です。検査機関による検査を受け、適合証明書を取得する必要があります。

一条住宅ローン:i-flat

フラット35業界最低金利で
家づくりをアシスト

超低金利の時代に住宅ローンを組むなら、全期間固定型のフラット35が賢い選択です。

一条工務店では、オリジナルの住宅ローン商品「i-flat」を開発しました。フラット35Sを業界最低水準の金利でご提供。借入時に返済額が確定しているため、計画的な返済が可能となります。今のような低金利時に借りると、将来にわたって低金利に基づく返済額を確定することができます。

また、一条工務店の家は耐震・耐久・省エネ性能に優れているため、当初10年間の金利が0.25%優遇されるフラット35Sが標準仕様です。さらに金利引継特約もご利用いただけます。

この記事のまとめ

フラット35には
以下の3つの特徴があります。

  • 長期固定金利
  • 明確な審査基準
  • 保証料・保証人必要なし

この記事のタグ

フラット35フラット35Sフラット35Sとはフラット35とはフラット35メリット住宅ローン保証会社銀行ローン

記事をシェア

次に読みたい記事

変動金利と固定金利、あなたのライフプランに適した金利タイプは?

変動金利と固定金利、あなたのライフプランに適した金利タイプは?

2020.11.11

関連記事

フラット35?銀行ローン?人気のおすすめ住宅ローンとは?

フラット35?銀行ローン?人気のおすすめ住宅ローンとは?

2020.11.11

銀行ローンは自由度が高い?金利タイプや審査基準を解説!

銀行ローンは自由度が高い?金利タイプや審査基準を解説!

2020.11.02

暮らしに役立つ情報をお届け

LINEでも暮らしを豊かにする情報をお届けします。

LINE@登録

LINEアカウントで新コンテンツをお届け!

@ichijo_official

友だち登録はこちら 友だち登録はこちら

【操作方法】

右の二次元コードを読み込んで、
「友だち」登録してください。