住宅ローンの借入限度額は?

住宅ローンの仕組みを学んで、 賢い家づくりを進めましょう

資金計画ポイント

住宅ローンの組み方

年収、年齢、物件の担保価値により、住宅ローンを借りられる額が決まります。しかし、借りられる額は、返せる額と同じとは限りません。家族構成、これからかかる教育費など家族のライフプランの変化も想定し、ローン金額を決定します。
ローンの借り入れ額は、総工事費に占める借入割合と、年収に対する返済比率の双方で決まります。例えば、総額3000万円の家を、年収600万円の人がローン借り入れを計画した場合を見てみましょう。
ローンの借り入れ額は、総工事費の80%が一般的ですから、総額3000万円であれば、2400万円を借り入れで、600万円を現金でという資金計画になります。もし、2400万円を金利3%の30年固定ローンで組んだ場合、毎月の返済額は、約10万円(ボーナス払いなし)となります。
一方、年間の返済額の目安は年収の20〜25%程度。年収が600万円の人なら、返済額は毎月約10万〜12.5万円(年間120万〜150万円)を基準に考えます。したがって、年収600万の方が、2400万円のローンを組むこのケースでは、一般的に、無理なく返済できる範囲の資金計画となります。

ローンシミュレーションはこちらから