気密性を高める

気密性を高めることは、健康的な家づくりの第一歩です。

さまざまな有害因子が、家の中に侵入しようとしています。

気密性の低い住宅/気密性の高い住宅

屋外には、快適な生活を脅かす種々の因子があります。それらは住宅の「隙間」から室内に侵入してきます。
例えば、湿気を含んだ空気、冷気や熱気、クルマの排気ガス、花粉やカビの胞子、害虫、騒音などです。
では、建物に隙間が多いと、どんな弊害があるでしょう。
第一に、屋外の湿気が住宅内に侵入してくるため湿度管理ができません。
第二に、外気温に左右されやすくなるため快適な温度管理ができません。冷暖房費も余計にかかります。
第三に、花粉や粉塵、害虫などの侵入を許すことになります。
さらには、外の音が入ってくるので、静かな住環境を守ることもできません。
このような"招かれざる侵入者"を防ぐためには、住宅の隙間を無くすこと、すなわち気密性を高めることが大前提となります。

隙間を集めてハガキ2枚分以下なら「超気密住宅」。

一般住宅と高気密住宅の隙間面積比較

一昔前の木造住宅は、仮に建物全体の隙間を集めてみると「ハガキ10枚分」の穴が開いている状態だったといいます。それが近年、アルミサッシの普及とともに住宅の気密性は着実に高まってきました。

そして、次世代省エネルギー基準において、北海道などの寒冷地では建物の延床面積1m2あたりの隙間面積が2cm2以下と定められるようになりました。これは、約45坪の建物の隙間を全部集めても「ハガキ2枚分」にしかならないという数字です。このように隙間が極めて小さい建物を「高気密住宅」と呼びます。

住宅の気密性を高めれば、大事な湿度管理が容易になります。

住宅を高気密化することのメリットは、何より、住まいの「湿度管理」が容易になることです。
気密性の低い住宅では、外の湿気を含んだ空気が侵入してきますから、基本的に湿度コントロールが難しいのです。
住宅の気密性を高めることによって、外気の影響を最小限に抑えられるので、空調設備や換気システムを使って、温度と湿度の管理が可能になります。冷暖房においても、小さなエネルギーで快適な空調が行えますから、省エネルギー=光熱費の節約にもつながります。そして、ジメジメとした梅雨時でもダニ・カビの発生を大幅に抑制でき、また冬場の厄介な結露も防ぐことができるので、一年中カラッと爽やかで健康的な環境を実現できるのです。

計画換気を行うためにも、住宅の高気密化は必要です。

人ひとりが部屋で快適に過ごすためには、1時間に4.5帖分の新鮮な空気が必要といわれます。一昔前の隙間だらけの家なら空気が自然に入ってきますが、残念ながら、花粉や排気ガスなどの有害物質も一緒に侵入してしまいます。そのために、適切な機械換気が必要となるのです。ところが、気密性の低い家では隙間のある場所から勝手に空気が出入りしてしまい、家全体の空気を入れ換えることができません。つまり、気密の低い住宅は"途中に穴のあいたストロー"のようなもの。いくら強く吸っても住まいのすみずみに漂う汚れた空気を吸い出せないのです。住まい全体を計画的に換気しようとすれば、C値=2cm2/m2以下の高気密住宅である必要があります。

ステップ図 01 気密性を高める 02 断熱性を高める 03 湿度管理を行う 04 計画換気を行う 05 自然素材、F☆☆☆☆部材を使う