ダニ・ハウスダスト

高温多湿な日本の夏。
家の中はダニの天国

家の中から見つかるダニには、家の中に棲息しているダニ(家屋内固有種)と戸外から侵入してきたり、動植物に寄生しているダニ(迷入種)があります。ダニは日本の夏のような高温多湿を好み、室温25℃湿度75%という室内環境は、まさにダニの天下。例えば、はじめは雄雌30匹だったものが、僅かひと夏(約2カ月半)で、約1万匹にまで繁殖するといわれています。その中でもアレルギー症状を引き起こす原因になるといわれるコナヒョウヒダニ、ヤケヒョウヒダニは、住宅に棲息するダニの90%を占めています。

アレルギーを起こすダニ
(この2種類が、一般住宅に棲息するダニの約90%)
  • コナヒョウヒダニ
  • ヤケヒョウヒダニ

家の中にいる様々なダニ(一部)

  • 皮膚にトンネルを
    掘るダニ
    ヒゼンダニ
  • かゆみとイライラ
    を起こすダニ
    ツメダニ

刺したり家中を動き回る不快なダニ

  • コナダニ
  • イエダニ
  • スズメサシ
    ダニ
  • イエササラ
    ダニ
  • カザリヒワ
    ダニ

ダニ以上に厄介なのが、
ダニの出す糞やダニの死骸

アレルギーの症状を起こす抗原をアレル物質と呼びます。ダニの場合は体長0.3~0.4ミリのダニの虫体以上に、ダニが出す糞(ふん)の方が10倍も強いアレル物質となるのが特徴です。糞は10~40ミクロンと微細で、室内を浮遊する性質があります。下の図は一般的な住宅でダニがどれだけ、どこにいるのかを調査したもので、じゅうたん、布製ソファ、ぬいぐるみ、ふとん等に大量のダニがいますが、その90%がアレルギーの元凶となるヒョウヒダニです。また、ふとんの綿には1mあたり10万匹のダニの死骸が溜まっており、これもアトピー性皮膚炎やぜん息などのアレルギー症状を引き起こす一因になるといわれています。布団のダニ退治には、十分に天日干しして、とりこむ前によく叩き、掃除機を丹念にかければ、表面にいるダニの半分程度はとれるそうです。しかし、家中のいたるところに棲息しているダニを退治するのは容易なことではありません。

ダニ生息場所と1㎡あたりの数

出典:「住まいのダニ・カビ・結露」 吉川翠 他著

アレル物質のワースト1位は「ダニ」。
牛乳、卵ではありません

一般に、アトピー性皮膚炎の原因としては牛乳や卵などを連想される方が多いようですが、実は家の中のダニやその糞、死骸が原因の大半を占めています。グラフはアトピー性皮膚炎の原因を調べたものです。1位のダニは約70%ですが、実は2位のハウスダストもダニの糞・死骸等であり、その影響の大きさがわかります。日本では現在、3人に1人が何らかのアレルギーに悩まされています。中でもアトピー性皮膚炎に苦しむ人は年々増えつづけ、社会問題にまでなっています。

アトピー性皮膚炎の主要アレル物質

出典:「防ダニ剤繊維への応用」渡辺弘司 著

ぜん息もアトピー性皮膚炎と同様。
ダニが原因のトップです

グラフはぜん息患者のアレル物質を調べたもので、約半数がダニの死骸や糞などのハウスダストがアレル物質でした。ぜん息の発作は夜間や明け方に多く、また急激な温度差も発作の引き金になるといわれます。アレルギー患者は複数のアレル物質を持っていることが多いため、その病理的なメカニズムは残念ながら解明できていないのが現状です。しかし、この住環境の見地からすれば、アレル物質となるダニを寄せつけない家が求められているのは明らかでしょう。

ぜん息患者1,000例の主要アレル物質

出典:「慢性疾患患者の生活指導管理票」北原静夫 監修

カビ・ダニが増えた原因は、
アルミサッシの普及にも関係が・・・

近年、住まいの中にダニがここまで増えてしまった理由の一つに、アルミサッシの普及があるといわれています。アルミサッシは気密性を高めることはできますが、その反面、断熱性の低い素材であるために結露が発生しやすくなる原因となっているのです。また、エアコンの普及とあいまって、窓を開けての換気を控えるような生活スタイルになっており、これが室内の湿度をさらに上昇させているようです。こうした湿度の高い住まいは、カビが発生し、それを餌とするダニにとってはまさに棲みやすい天国のような状況。前述のように、ひと夏で300倍以上に繁殖してしまうような環境をつくっているのです。

結露を防ぐ高い断熱性の窓

ダニの生育条件をなくすことが重要

ダニの生育4条件は、湿度、温度、酸素、栄養源ですが、何よりも「湿度」が大きな要素となります。ダニの適応温度は20~30℃ですが、例えば4℃でも湿度があれば、繁殖は無理でも生き延びることはできるのです。一方、温度が25℃でも湿度が50%程度では11日間で死滅することがわかっています。つまり、ダニを撃退するポイントは湿度コントロールです。家の中をダニが棲みにくい湿度に保つ。そうした湿度管理を可能にするには、高気密・高断熱住宅であることが必要条件です。
まずは外気の影響を受けにくい室内環境を実現し、その上で的確な換気および除湿を行い、人間が健康的かつ快適に暮らせる湿度40~60%の生活環境を保つことがポイントです。

ダニの生育4条件

各構法のクリーン環境をごらんください。