湿度管理を行う

湿度を抑えることで、カラッと快適で健康的に暮らせます。

ダニ・カビの制御は
「湿度管理」にかかっています

室内湿度55%のダニと室内湿度70%以上のダニを比べると、こんなに状態が違うことがわかります。なぜでしょう。写真のダニはアレルギーの一因となるヤケヒョウヒダニです。ダニは口から水分補給を行うのではなく、身体の表面から水分を吸収します。ヤケヒョウヒダニは低湿度に比較的強いダニですが、55%以下の湿度では、写真のように干からびて10数日以内には死滅してしまいます。

湿度の違いによるダニの状況比較

下は、平均湿度57.6%の室内に置いた食パンと平均湿度79.2%の室内に置いた食パンを比べたものです。湿度約80%の室内では、4日後にカビが生えはじめ、1週間後には写真のような状態になりました。一方、湿度約58%の室内では、食パンにカビは生じませんでした。

湿度の違いによるカビの状況比較

湿度を40~60%に保てば
室温28℃でもカラッと快適

湿度は、高すぎるとダニ・カビが繁殖し、逆に低すぎるとウイルスやバクテリアが繁殖するため、おおむね40~60%に管理することが、住まう人にとって最も健康的な環境といえます。また、湿度と温度には密接な関係があり、部屋の温度が1℃下がると湿度は3~5%上がります。断熱性の低い家では、暖房時に天井部分が約30℃に、床付近では10℃になります。天井と床では20℃の差が生じるため、床付近の湿度は約92%まで上がって結露が起きてしまうのです。ダニとカビの天国です。

対策は、断熱性の高い家にすること。室内の温度差を小さくして、住まい全体の湿度管理を行います。これは暑い夏にも有効です。室内湿度を40~60%に保てば、気化熱により室温28℃でも暑さを感じません。エアコンの設定温度28℃で快適に生活できますから、エアコンのかけすぎなどによる「冷房病」にかかりにくい環境といえます。しかも、エアコンの電気代の節約にもなるので一挙両得です。

健康的な湿度の範囲

心地よい湿度を保つには
気密性が重要です

日本の夏は、極めて高温多湿。エアコンの除湿機能を使い、室内の湿度をコントロールするのが一般的です。しかし、せっかくエアコンで湿度を下げても、隙間から外気が入り込んでしまう気密性の低い住宅では快適な湿度を保てません。そればかりかエアコン除湿で湿度を下げようとすれば設定温度をかなり低くしなければならず、冷え過ぎによる冷房病なども心配です。エアコンで調整した湿度を保つには、やはり気密性が重要。外気の湿度に影響を受けにくくなれば、エアコンも控えめな温度設定で使用できるため、省エネ効果も期待できます。

各構法のクリーン環境をごらんください。