暮らしにいいコト
たくさん。

公式SNS

公式HP

  • ホーム
  • 北欧に学ぶヒュッゲな部屋づくり 《後編》

2023.10.16

憧れのライフスタイル 11-13[部屋づくり実践編]

北欧に学ぶ、
Hygge(ヒュッゲ)な部屋づくり《後編》

チャチャっとウマい!お弁当《前編》

前後編に分けて、快適な空間づくりのヒントとなる「北欧スタイル」についてご紹介している「北欧に学ぶ、Hygge(ヒュッゲ)な部屋づくり」。後編は、北欧ジャーナリストの森 百合子さんに伺った、北欧スタイルの実践的なアイデアをご紹介します。

前後編に分けて、快適な空間づくりのヒントとなる「北欧スタイル」についてご紹介している「北欧に学ぶ、Hygge(ヒュッゲ)な部屋づくり」。後編は、北欧ジャーナリストの森 百合子さんに伺った、北欧スタイルの実践的なアイデアをご紹介します。

「これから北欧スタイルを取り入れたいけれど、どこから始めたらよいかわからない…」という方も多いのではないでしょうか。家具を買いそろえるなど大がかりなことをしなくとも、ちょっとしたアイテムやアイデアで、北欧スタイルの部屋づくりをすることは可能です。まずは灯りテキスタイルの使い方に注目して、居心地のよいヒュッゲな部屋づくりにトライしてみませんか?

北欧の人たちが部屋づくりをする上で大切にしているのが灯りの使い方。ひとつの照明で部屋全体を明るくするのではなく、コーナーに合わせて照明を取り入れると部屋の雰囲気がぐっと変わり、穏やかな明るさが心地よい空間を生み出します。

たとえばソファの横には読書用のスタンドライトを。本を読んだり、作業をする場所に照明を置いて、必要な明るさを確保します。

小さくても温かみのある照明を重ねるのも北欧らしいスタイル。手軽にできて部屋の雰囲気がぐっと良くなります。

部屋に彩りを添え、気分をあげてくれるテキスタイルは、北欧らしい部屋づくりにかかせないアイテム。色や柄をさまざまに楽しめたり、季節や気分に合わせて取り替えたりと手軽にトライできるのもテキスタイルの良いところ。

独創的なモチーフの北欧テキスタイルは、1枚で部屋の印象を変えてくれます。きちんとカーテンに仕立てなくても、突っ張り棒にかけたり画鋲で留めたりするだけでもOK。

小さなテキスタイルをテーブルのセンターに置くだけでも部屋が華やぎます。季節や気分に合わせて替えてみても良いでしょう。

食卓の上に照明を並べて使うのも、北欧の家でよく見るスタイル。リズムが生まれてインテリアのアクセントにもなります。

テーブルや棚の一角に小さなライトを置くのもおすすめ。印象的なフォルムの照明器具は、オブジェとして目を楽しませてくれます。

素敵なデザインのキッチンクロスなど、お気に入りのテキスタイルは額装して飾り、アート的に楽しむのもおすすめです。

マリメッコなど日本でも高い人気を誇る北欧のテキスタイル。動物や自然など温かみのある独創的なモチーフからあなたのお気に入りを探してみましょう!

灯りやテキスタイルを楽しむほかにも、北欧スタイルを取り入れるアイデアはさまざま。気軽にトライできるアイデアをご紹介します。

色を積極的に取り入れてみる

カラフルな色づかいが魅力的な北欧の雑貨やテキスタイル。まずは、小さなものからでも暮らしに色をプラスしてみましょう。

壁に写真やポストカードをかけてみる

北欧の人々は壁に絵やアートを気軽に飾ります。写真やポストカードを額装して、いくつかまとめて飾っても素敵です。

隠す収納と見せる収納を分ける

可愛い缶やキャニスター(ふた付き容器)などは見せる場所に置き、ごちゃごちゃしがちな食材類は隠すなど収納を使い分けてみましょう。

お気に入りの小物は同系色でまとめる

いくつかのアイテムを組み合わせるときには、色を意識してみましょう。同系色でまとめていくと、たくさん物があってもまとまりよく見えます。

自然のモチーフで空間を和らげる

北欧といえば森の国。木製のかごや、花や植物など自然をモチーフにしたアイテムを加えることで、やわらかな雰囲気の空間に。

白をうまく使って引き立てる

北欧らしいカラフルなデザインを引き立てるのが白のパワー。効果的に白いアイテムを取り入れるとバランスよく見えます。

今回の特集ではさまざまなアイデアをご紹介してきましたが、北欧の人たちが部屋づくりをする上で何より大切にしているのが「自分らしさ」です。どんな色が好きか、どんな空間が心落ち着くか、試行錯誤をしながら自分らしい空間を作り上げていくのです。ときに失敗したり、時間がかかったりしても、部屋づくりをするプロセス自体も楽しんでしまうのが北欧スタイル。いいなと思った色や柄、デザインを取り入れて、ぜひ楽しみながらヒュッゲな部屋づくりをしてみてください!

※本記事は「iikoto」2021年11月号を再編集したものです。掲載情報は発行当時のものになります。

監修・インテリアコーディネート
森 百合子 さん 【北欧ジャーナリスト】

北欧5カ国で取材を重ね、ライフスタイルやデザイン、旅情報を中心に執筆。近著『日本の住まいで楽しむ 北欧インテリアのベーシック』(パイインターナショナル)では北欧インテリアを楽しむノウハウを伝える。執筆活動に加えてNHK『世界はほしいモノにあふれてる』『趣味どきっ!』ほかメディア出演や講演など幅広い活動を通じて北欧の魅力を発信。北欧の生活道具の店『Sticka スティッカ』も運営している。

森 百合子 さん
岡本典子さん

『iikoto』は、豊かに、健やかに、楽しく暮らすためのヒントが詰まった、一条のライフスタイルマガジンです。無料でプレゼントいたしますので、バックナンバーページからぜひご請求ください。

※本記事は『iikoto』(2021年11月号)の特集をもとに編集しています。

次に読みたい記事

あなたにとって理想のキッチンとは、どんなキッチン?

あなたにとって理想のキッチンとは、どんなキッチン?

2021.11.04

17515VIEW

Read more →

関連記事

この記事のタグ

LEDアートアイデアオブジェカーテンカラフルスポットテキスタイルヒュッゲ北欧北欧スタイル収納同系色灯り自然色づかい

記事をシェア

暮らしに役立つ情報をお届け

LINEでも暮らしを豊かにする情報をお届けします。

LINE@登録

LINEアカウントで新コンテンツをお届け!

@ichijo_official

友だち登録はこちら 友だち登録はこちら

【操作方法】

右の二次元コードを読み込んで、
「友だち」登録してください。

QRコード