高性能断熱材「断熱材EPS1号相当」

対応商品:セゾン、セゾンA、ブリアール、百年、セゾン・アシュレ、アイ・パレット

断熱材の性能は、住まいの快適さや省エネ性を大きく左右するポイント。
一条は断熱性や防湿性に優れた「EPS(Expanded poly-Styrene)」の中でも、
優れた断熱性能を持つ1号相当のものを採用しています。
「EPS1号相当」の断熱材は、一般的な断熱材であるグラスウールの約1.2倍の断熱性。
これを外壁・天井・床のすべてに採用しているため外気温の影響を受けにくく、
快適な室温を保ちながら冷暖房のエネルギーも無駄にしません。

高い断熱性を実現。さらに湿気に強く劣化しない

一般的な断熱材・グラスウールの1.2倍の断熱性能

一条の「EPS1号相当」の断熱材は、一般的な住まいに使用されているグラスウールの約1.2倍の断熱性能。
優れた断熱性は、省エネ性快適性につながります。
逆に考えると、グラスウールで一条の家と同じ断熱性能にしようとすれば断熱材の厚みが1.2倍も必要ということに。壁の厚みが増してしまい、居住スペースを圧迫します。

熱伝導率による断熱性比較

断熱材EPS1号相当を使用した高断熱の壁 断面図

湿気に強く劣化しないから、
断熱性能がいつまでも変わらない

湿気は断熱材の大敵。一条の「断熱材EPS1号相当」は湿気を含みにくく、変形しにくい長寿命の断熱材です。それに対してグラスウールなど繊維系の断熱材は、結露などで湿気を含むと水分を通して熱が伝わるようになり断熱性が低下します。水分の重みで変形すると壁内に隙間ができ、さらに性能の低下を引き起こします。

断熱材の種類

断熱材の透湿率比較

断熱性だけでなく、安全性も

難燃剤を添加し燃えにくい。
しかもダイオキシンが発生しない。

一条の高性能断熱材EPS1号相当は一般的に使用されているEPSとは違います。難燃剤が樹脂に添加されているため、燃えにくい特性を持っています。また、ダイオキシンは炭素、水素、塩素が反応して生成される物質ですが、EPSは炭素、水素で形成されており、塩素を含まないため、単独で燃やしてもダイオキシンは発生しません。