テクノロジー

性能の差は、暮らしの差。

新築時の性能がずっと続けば
快適な暮らしもそのまま続く

暮らし始めた時の心地よさが
50年60年と維持されてこそ良い住まいです

新築の時は快適だったはずなのに20年30年と住むうちに…。
家は長く住まうもの。家の性能も長く続かなくては意味がありません。
一条の家は新築時の性能がダントツであるだけではなく、
その性能が、住む人に手間や負担をかけることなく長年にわたって続きます。
それが住む人の毎日の充実につながる、「暮らしの質」を守るということ。
その暮らしの差は、「性能への想い」の差です。

見えなくなる部分だからこそ、
材質や施工方法にもこだわります。

住まいの構造は、建ってしまうと見えなくなり、後々にその状態を確認することも困難です。例えば、断熱材は湿気に侵され性能が劣化するグラスウールではなく、湿気に強く、収縮も少ないウレタンフォームを採用。これを建築現場ではなく工場で、より高い精度で施工します。こうした積み重ねが耐久性を高めています

外壁や屋根など、暮らしてからの
メンテナンスを最小限にする。

メンテナンスで費用が掛かるのが外壁と屋根です。その外壁には、焼物特有の強さを備えたタイルを貼ることで耐久性と美観を両立させています。そして屋根には、全面の太陽光パネルの設置をお勧めしています。発電メリットの方が注目されがちですが、スレートや瓦などと比較して耐久や耐震の面でも屋根材として優れているのです。

快適と安心を保つ「超耐久」テクノロジー

高性能断熱材「高性能ウレタンフォーム」

湿気は断熱材の大敵。一条の「高性能ウレタンフォーム」は湿気を含みにくく変形しにくいため、断熱性が持続する長寿命な素材です。

高性能断熱材「高性能ウレタンフォーム」について詳しく

高気密構造

気密パッキン材には半独立気泡タイプのスポンジフォームを使用。適度な弾力と復元性があるため、木材の収縮による形状変化にも追従し、長期的な高気密性能を維持できます。

高気密構造について詳しく

適材適所の防腐・防蟻処理

防腐・防蟻処理は、建物の耐久性だけでなく耐震性や省エネ性も長期間保つための大切なテクノロジーです。一条では、構造材はもちろん断熱材にも自社グループ工場で丸ごと防腐・防蟻処理を施して出荷する体制を確立しています。

適材適所の防腐・防蟻処理について詳しく

一条の防水対策

雨水が壁内に浸入すると建物を傷める原因になることも。一条は自社グループ工場で製造するから、雨水が浸入しやすい外壁と窓の接合部も精度の高い施工で隙間をつくりません。さらに「高性能樹脂サッシ」の水密性も業界最高レベルです。

一条の防水対策について詳しく

大容量太陽光発電

一条の屋根一体型太陽光パネルは、一般的なスレート屋根のように塗り直す必要がありません。さらに屋根材としての耐久性にも優れているため、メンテナンス費の面でもメリットがあります。

大容量太陽光発電について詳しく

一条の「ハイドロテクトタイル」

一般的な外壁と異なり、タイルは塗り直しが不要です。さらに光触媒技術を使った一条の「ハイドロテクトタイル」全面貼りなら、外壁についた汚れを太陽の光で分解し、それを雨で洗い流すのでキレイが長持ちします。

一条の「ハイドロテクトタイル」について詳しく