つづいてゆく、快適な暮らし。一条の平屋

一条の平屋

伸びやかな空間。軽やかな生活動線。

開放感にあふれる心豊かな時間を、

一条の平屋とともに楽しみませんか。

Gallery

  • 平屋外観①
  • 平屋内観①
  • 平屋外観②
  • 平屋内観②
  • 平屋外観③
  • 平屋内観③
  • 平屋外観④
  • 平屋外観⑤
  • 平屋内観④
  • 平屋外観⑥
  • 平屋内観⑤
  • 平屋外観⑦

Life Style平屋で叶える憧れの暮らし

いつも家族を感じられる安心感や
ムダの少ない生活動線など、
平屋にはワンフロアならではの
暮らしやすさがあります。
あなたの実現したい
理想の平屋を見つけてください。

玄関 リビングから見える庭 リビングで団欒中の家族
平屋リビング

すべての部屋がひと続きになるため、家族が自然と顔を合わせる​間取りになっています。LDKを中心に家族が一緒の時間を多く共有することで、コミュニケーションもスムーズに。また各部屋にアクセスしやすいので、どの部屋も有効利用できます。
平屋ダイニング

すべての部屋が同じフロアにある平屋は、洗濯や掃除、片付けといった家事をラクに行える家事動線がつくりやすいこともポイント。水回りの配置をまとめることで作業がコンパクトになり、家事もスピードアップ。毎日の家事が少しラクになるだけで、暮らしの質は大きく上がります。
平屋キッチン

勾配天井にしてタテの広がりをもたせることで、開放感を楽しめる空間に。​またテラスやウッドデッキなどで内と外を緩やかにつなぐことができるのも魅力です。

ワンフロアならではの
安心感

階段の上り下りがない平屋なら、
お子さまに目が届かない時も安心。
また上下動による身体への負担も少なく、
生活に必要なものをひとつの階に集約できるため
将来的にも暮らしやすい住まいです。

子供がいる平屋の暮らし
ご年配の平屋の暮らし

平屋の「気になる!」を解決する一条の性能

平屋を検討するにあたり、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。
例えば、屋根と天井が近い分、太陽の熱が室内に入りやすいことや、
窓が1階だけに集中することでの防犯面の不安など。
しかし、一条の平屋ならそんな不安や弱点を住まいの性能で解消します。
気になるポイント1

平屋の構造では夏暑く、
冬寒くなりがち?

延べ床面積は同じでも、平屋の方が熱の入りこむ面積が大きい。

2階建ての場合は2階部分が屋根からの熱を遮断する空間になるため1階への影響を小さくしてくれます。しかし平屋はすべての空間が屋根の直下階のため、熱を受けやすくなります。また同じ床面積であっても天井面が2階建てに比べて大きくなるため、外気と接する面積が大きくなる=外気温の影響を受けやすく、快適な室温を保ちにくいのです。

これで解決!

業界トップクラスの断熱性能で
快適な室温に

超断熱構造イメージ

高性能断熱材

高性能ウレタンフォーム 235mm

高性能ウレタンフォーム

一般的な断熱材の約2倍の断熱性を持つ高品質なウレタンフォームを、天井はもちろん外壁、床にも採用。外気温の影響を受けにくく、小さなエネルギーで快適に冷暖房できます。

窓の断熱性

高性能サッシ

高断熱樹脂サッシ

熱を伝えにくい樹脂を使った高性能なサッシは、一般的な住宅に使われているサッシに比べて、約5倍の断熱性能を実現。外気に左右されず、室内の快適温度を保ちます。

熱交換換気
システム

ロスガード90

全館換気システム「ロスガード90」

換気口から冷気や熱気が侵入しては、せっかくの冷暖房も台無し。一条の全館換気システムなら快適な温度を再利用(熱回収)しながら換気するから室温を保ちやすく、しかも省エネです。

気になるポイント2

屋根面積が広い分、
メンテナンス費がかかる?

一般的なスレート屋根

一般的な住宅のスレート屋根は10~15年毎の定期的な塗りなおし、補修が必要と言われています。さらに、2階建てよりも屋根面積が広くなる平屋はメンテナンス費がかさむことがあります。

これで解決!

一条の屋根一体型の太陽光パネルは
メンテナンスの際にも有利

一条工務店の屋根一体型太陽光パネル

一条工務店の屋根一体型太陽光パネル

通常かかる費用が抑えられる

塗り替え費用無し・足場費用無し

太陽光パネルの場合、定期的な塗り替えや2階建ての際に必要な足場などが不要なので、その分の費用を抑えることができます。
また発電メリットに着目されがちですが、屋根材としての利点も備えています。特に一条の太陽光パネルは屋根一体型のため瓦屋根の上に太陽光パネルをのせる従来型よりも屋根全体の重さが軽く、耐震性にも優れています。

気になるポイント3

寝室も1階にある平屋は
防犯面への不安も

泥棒の侵入場所 窓:53.5% 表出入り口:19.4% その他:19.1% 不明:8% 戸建住宅・空き巣狙いの侵入手段 無締り:52.8% ガラス破り:29.8% その他:12.2% 不明:5.7% ※出典:警察庁 住まいる防犯110番(令和2年)

一般的に泥棒は窓からの侵入が最も多く、侵入手段もガラス破りの割合が高い傾向にあります。平屋はリビング・寝室・お風呂場・キッチンなどがすべて1階にあるため、侵入口となる窓も多く、防犯面の不安も大きくなりがちです。また平屋の場合は目隠しとして生垣や堀を作る家も多いため、周囲からも見つかりにくく、かえって、泥棒が侵入しやすくなってしまう場合があります。

これで解決!

打ち破りに強い、強靭な窓を採用

防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ

防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ

ハンマーでも破れにくい

ハンマーでも破れにくい

一条は窓の防犯対策のために、室内側のガラスに「防犯合わせガラス」を採用しています。厚さ3mmのガラス2枚の間に、特殊な樹脂膜を加熱・圧着する合わせガラスでより堅牢に。ハンマーなどによる打ち破り行為があっても、容易には破れません。​

ハンマーでも破れにくい

ハンマーでも破れにくい

平屋って割高なの?
いえ、そんなことはありません。

平屋であれば、2階建てに比べて階段やホールをつくる必要がありません。
それによって施工面積も減らせるため、建設費を抑えることができます。

同じ3LDKの家を建てた場合

例:2階建施工面積 34.44坪

同じ3LDKの間取りでも

例:平屋施工面積 28.93坪

一条の平屋をもっと知りたい方はこちら

一条の住まいを見て、触れて、
快適な暮らしを感じてください!

まずはモデルハウスを
体験してください!

展示場
お近くの展示場を探す

平屋の実例集をプレゼントします!

平屋カタログ
カタログを請求する