テクノロジー

性能の差は、暮らしの差。

地震の時も台風の時も
この家が一番安全な場所

「ここにいれば大丈夫」という安心と
そのまま住み続けられる強さを目指して

自然災害は、いつ来るのか、どんな規模で来るのか分かりません。
だからこそ強く頑丈な家に住むことが、毎日の心穏やかな暮らしにつながります。
一条工務店は自然の怖さを知り、実験と検証を重ねることで、
もっと上の強さ、もっと安心な暮らしを目指しています。
暮らしの中で「ここにいれば大丈夫」という安心感に包まれる、
もしもの時でもそのまま住み続けることのできる強い家であること。
その暮らしの差は、「実験の歴史」の差です

耐震最高等級3は当然として、
さらにその上の安心を。

国の定める耐震性は「耐震等級3」が最高等級。しかし、一条の住まいは標準仕様でこのレベルをクリアし、それを超える自社基準を設定して研究開発を行っています。そしてさらに、建物の強さだけではなく、建物を下から支える地盤の重要性にも早くから着目。社内に地盤調査研究所を設立し、地盤の強度に合った適切な基礎を選定しています。

創業当時から実験を繰り返すのには、
意味がある。

自然災害は、常に想定を超えてくる可能性があります。近年の地震も台風も、まさに「想定外」と言われる災害が頻発しています。その「想定外」を「想定内」にするために “実験してこの目で確かめる”ことが重要です。机上の計算だけでは分からない事実や弱点を発見して克服するために、一条は実物大の建物や部材での実験を続けています

長い実験の歴史に培われた
「超耐震」テクノロジー

実大耐震実験

一条工務店は、住宅メーカーのなかでもいち早く実大実験を開始。理論上の数値だけを目安にするのではなく、実際の家を建ててこの目でその耐震性を確かめるというポリシーを貫いてきました。

実大耐震実験について詳しく

ツインモノコック構造

一条の家は、「壁」「床」「天井」を強固に結合した箱型のモノコック構造。地震の巨大な力も分散して家全体で受け止め、高い耐震性を実現します。

ツインモノコック構造について詳しく

工場生産率80% 高品質な住まいづくり

実大耐震実験で実証された耐震性能を、そのままお客様のお住まいにお届けするために。壁パネルや天井、床など、多くを自社グループ工場で生産し、高精度に組み立ててから出荷することで、現場作業では困難なレベルの精度と品質管理を実現します。

工場生産率80% 高品質な住まいづくりについて詳しく

大容量太陽光発電

一条オリジナルの屋根一体型太陽光パネルは、住まいの耐震性にも貢献します。瓦屋根やスレート屋根に太陽光パネルを設置するタイプと比べて軽量なので、建物自体にも負担をかけません。

大容量太陽光発電について詳しく

地盤調査

一条工務店では、自社地盤調査の結果を社内の地盤調査研究所にある70万件ものデータと照合し、分析します。地盤の見極めと最適な基礎施工をご提案し、家だけでなく地盤も保証します。

地盤調査について詳しく

高性能窓&サッシ
「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」

特殊樹脂膜を2枚のガラスで挟み込んだ室内側のガラスは、強風時でも安心。耐風圧性を示す性能は、一般住宅のグレードでは最高水準のJIS規定「S-3等級」をクリアしています。

「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」について詳しく