高性能断熱材「高性能ウレタンフォーム」

対応商品:アイ・スマート

断熱材の性能は、住まいの快適さや省エネ性を大きく左右するポイントです。
一条の高性能断熱材「高性能ウレタンフォーム」は、
一般的な断熱材であるグラスウールの約2倍の高い断熱性を実現。
これを外壁・天井・床のすべてに採用しているため外気温の影響を受けにくく、
快適な室温を保ちながら冷暖房のエネルギーも無駄にしません。

圧倒的な断熱性を実現。さらに湿気に強く劣化しない

熱の伝えにくさは一般的なグラスウールの約2倍

一条の「高性能ウレタンフォーム」の断熱性能は、一般的な住まいに使用されているグラスウールの約2倍
優れた断熱性は、省エネ性や快適性につながります。
もし、グラスウールで一条の家と同じ断熱性能にしようとすると、断熱材の厚みが約2倍も必要ということ。壁の厚みが増してしまい、居住スペースを圧迫します。

湿気に強く劣化しないから、
断熱性能がいつまでも変わらない

湿気は断熱材の大敵。一条の「高性能ウレタンフォーム」は湿気を含みにくく、変形しにくい長寿命の断熱材です。それに対してグラスウールなど繊維系の断熱材は、結露などで湿気を含むと水分を通して熱が伝わるようになり断熱性が低下します。水分の重みで変形すると壁内に隙間ができ、さらに性能の低下を引き起こします。

断熱材の種類

断熱材の透湿率比較

自社グループ工場で生産した、一条ならではの厚み

最大140mmの分厚いウレタンフォームは
一条オリジナル部材

一条は「高性能ウレタンフォーム」を自社グループ工場で生産することで、一般には流通していない最大140mmの厚さのウレタンフォーム製造を可能にしました。自社規格サイズに沿った高い精度で成型し、壁に組み込めることも工場生産のメリット。圧倒的な断熱性能を標準仕様でご提供できる、一条ならではの体制です。

高性能断熱材を組み合わせた「外内ダブル断熱構法」

壁パネルには構造用合板を挟むように外側50mm内側140mmの「高性能ウレタンフォーム」を使用。さらに天井と床にも使用することで、まるで魔法瓶のように断熱性の高い住まいが実現します。

断熱材の入り方の違い

一条の高性能な壁材と組み合わせた「外内ダブル断熱構法」では、国が定める「次世代省エネルギー基準」の断熱仕様と比べても、2.5倍以上も熱を伝えにくい壁構造となります。

壁の断熱性能比較

  • 次世代省エネルギー基準値は、国土交通省告示より引用
  • 外内ダブル断熱構法の熱貫流率は標準設計断面(熱橋含む)による弊社計算値