一条の防水対策

対応商品:全モデル

大雨が降ると、見えない場所から水が入ってくることがあります。
そのまま放置しておくと、水が内部に入り込み構造を傷める原因になってしまうことも。
末永く快適に暮らすためには、雨の浸入を許さない住まいにすることが重要です。

水分・湿気の浸入を許さない構造

重要なのは、接合部の施工精度

雨の浸入箇所は、外壁と窓の接合部や、外壁と屋根の接合部が7割以上を占めています。つまり、屋根や窓そのものの性能だけでなく、接合部の施工精度が重要なのです。

雨漏りの原因箇所

外壁との接合部を
入念に施工

防水シートを二重にして、十分に立ち上げ、その上には両端を折り返した板金を水切りとして施工。雨漏りをしっかりと防ぎます。

「雨漏り二次災害」にも、注意が必要です。

雨漏りによる湿気や水分が原因で、雨漏りした箇所以外にまでダメージがおよんでしまう「雨漏り二次災害」。天井にシミができたり、壁の内部で腐食が進んだりして、建物寿命が短くなってしまうことがあります。

自社グループ製造だからこそ
精度の高い施工が可能

一条は、自社グループの工場で窓と壁パネルをあらかじめ一体化。建築現場ではできない隙間の無い高精度な施工を可能にしました。

屋根にも、「耐候性」という性能があります

太陽光パネルを屋根に後付すると、固定金具やネジの施工部分が雨漏りの原因となることもあります。その点一条なら屋根一体型の太陽光パネルで雨漏りの弱点をつくりません。
さらに一条オリジナルの太陽光パネル下地用ルーフィングにより雨水が浸入しにくくなっています。

工場生産で高精度のバルコニー床ユニット

バルコニーの床にはFRP防水を施し、工場でユニット化。後はジョイントするのみの状態で現場へ運びます。現場施工を減らすことで高い精度を実現するうえ、ジョイント部分にも入念なFRP防水処理を施します。

サッシの水密性能も業界最高レベル

一条の「高性能樹脂サッシ」の水密性は、最高等級の「W-5」をクリア。これは、高層ビルや強風地帯の建物でも耐えられるほどの防水性能。実験でも、サッシの水密性の高さは証明済みです。

JIS規定 水密性能等級の基準