丸山様

丸山様

VOICES.P

福岡県 丸山様

20kWの屋根一体型太陽光パネルは、ご近所さんにも驚かれます。

  • 階数:平屋
  • 家族構成:4名様
平屋を建てられていかがですか。
ご主人:実家が2階建てで、僕の部屋が2階にあったんですけど、もう全然使われていなくてただの物置になっていました。(家づくりを考えた時に)平屋がいいなと妻に言ったところ「いいね、そうしよう」ということで決まりました。
奥様:うちは特に階段だけではなく廊下もないので、リビングを基本に、和室、子供部屋、寝室という感じで行けるので、家族がいつ帰ってきたかわからないってことはこれからもきっとないでしょうし、気配を感じながら生活できるのは平屋のおすすめできる点ですね。
太陽光発電を設置する際に悩まれたようですが。
奥様:私の兄が太陽光関連の仕事に就いてまして、家建てるんだったら10kW以上載せて、「自分の所で載せちゃるけんが」って言われてたんです。そのつもりでいたんですけど、「ごめん、屋根と一体型の太陽光が今あるっちゃね」ってなってしまい、色々兄とも話しながら、多分(一体型で)悪くないよみたいな話になりました。実際に建ってから兄が来た時、「おお、すごいいいじゃん」みたいな感じに言われました。(兄が言うには)自分たちは屋根の上に載せているので、絶対余白というかムダなスペースが出てくるけど(一体型はムダなく)迫力あるね、と。私は正直、瓦の家がすごく好きだったんですけど、でも実際建ってみるとすごいシンプルな形になってよかったです。
ご主人:本当はお兄さんのところで乗せたかったんですけど、一条さんで乗せる方がメリットがありました。ご近所さんもびっくりしてます。ほんとに。太陽光を載せているご近所さんには、「何キロ載せてるの?」とよく言われます。20kWですって言うと、だいたい驚かれますね。
新築住宅における1件あたりの太陽光パネル平均搭載容量は5.0kW※と言われています。その中で平屋住宅を選択され、屋根一体型の太陽光パネルを採用することで、ご近所の方も驚く20kWの大容量搭載を可能にされた丸山様。環境にも家計にも優しい暮らしを実現され、文字通り非常に明るい雰囲気の中でお話を伺うことができました。
  • 調達価格等算定委員会調べ(2016年 10kW未満太陽光発電の平均認定容量)

丸山様

こちらの記事は動画でもご覧いただけます

Play Movie