「夢の家」モノコック構造

対応商品:セゾン、セゾンA、ブリアール、百年

一条の家は、「壁」「床」「天井」を強力に結びつけた、強靭な箱型のモノコック構造。
箱型の構造にすることで、巨大地震などの強い外圧を「面」でバランスよく受け止めて、
力を分散させ、高い耐震性能を実現させました。
これが、すべての安心を支える住まいの基盤となります。

箱型のモノコック構造の強さの秘密

ゆがみにくさの秘密は、力を「面」で受ける仕組み

大地震でもゆがみにくい「モノコック構造」。その秘密は、力の受け止め方の仕組みにあります。従来の「木造軸組構法」では、外から受ける力を柱が交差する“点”で受け止めていましたが、これでは接合部分に力が集中してしまいます。
そこで、各階を六面体の箱型パネルで構成することによって、その力を“面”で受け止め、外からの力を分散。耐震性に優れた、ゆがみにくい住まいを実現しました。

構造体と力の流れの比較

大地震に耐える「耐力壁」

建物の強度を支える壁のことを「耐力壁」と呼び、その強さは「壁倍率」という単位で表されます。一条の住まいは、建築基準法の認定上の上限値である「壁倍率5倍」の強度を持った耐力壁を採用しています。

耐震性を高めるためにバランスよく耐力壁を配置

建物には、耐力壁が地震の揺れに耐える強さの中心となる「剛心」と、建物の重さの中心になる「重心」があります。その重心と剛心のずれを「偏心」と呼び、ずれの程度を「偏心率」といいます。この値が大きければ大きいほど、地震の時に建物がねじれやすく、耐震性が損なわれるのです。一条では、この「偏心率」が小さくなるよう、厳しい社内基準のもとで設計しています。

水平方向の力にも強い「剛床」

巨大地震では、突然、横から床をねじるような大きな力がかかる場合もあります。その力に耐えきれないと、建物が倒壊する恐れが生じます。そこで一条では、水平方向の外力に強い「剛床」を採用。2階の床には32mm、1階の床には24mmの構造用合板を梁や大引きなどに直接打ち付けて一体化。「耐力壁」と強固に一体化することで建築基準法をはるかに上回る「水平剛性」を発揮します。

「壁」、「床」、「天井」を結びつける釘は、耐震性に直結する

「壁」「床」「天井」それぞれの面が強くても、接合が弱いと地震の力で建物がねじれてダメージを受けてしまいます。モノコック構造では部材同士を主に釘でつなぐため、その数や長さが耐震性に大きく影響します。
一条では決められた基準に対して最大2倍以上の釘を増し打ち、長さ最大1.5倍の釘を使うことで、強固な耐震構造を実現しています。現場で釘を施工する箇所にあらかじめ工場でマーキングするから精度も高く安心です。

一条の「耐震性能」を支えるテクノロジー

密度と厚みが
高耐震基礎の実力

主筋の太さや配筋密度、立ち上がりの幅も建築基準法を大きく上回る、頑丈な基礎を採用。建物を支え、暮らしを守ります。

高耐震・高耐久基礎について

防腐防蟻処理も、
耐震性能の一部

いくら地震に強い家を建てても、構造躯体が腐れ・シロアリの被害を受けて弱っていればその性能を十分発揮できません。一条では、適材適所に防腐防蟻処理を施すことで、長期間にわたり高い耐震性能を持続します。

防腐防蟻について

一条の地盤調査

耐震性を左右する地盤へのこだわりは、徹底的。業界初となる「地盤調査研究所」を自社内に開設。現在約70万件の地盤データを蓄積し、土地ごとの調査結果と照合して最適な基礎を選定します。

地盤調査について

実大実験で強さを検証し続けて30年

消防署など防災拠点と同等の耐震性能を実現

一条は、過去30年間にわたり、実際に家を建てて行う実大実験で検証を続けています。実大実験にそこまでこだわるのは、「机上の空論」ではない強さを検証したいからです。
この実験結果に基づいて構造は進化を続け、現在は、災害時に防災拠点となる消防署や警察署と同等の「耐震等級3」を標準仕様としています。まさに、強さと安心が実証された住まいなのです。

実大耐震実験について