Focus VOICE of ICHIJO 一条の太陽光&蓄電池特集 Focus VOICE of ICHIJO 一条の太陽光&蓄電池特集

いつもに、おトクを。もしもに、安心を。

SDGsという新たなキーワードが暮らしに浸透してきた昨今。私たちの生活とエネルギーとの向き合い方は、大きな過渡期を迎えています。そんな中、関心を寄せる人が絶えないのが、「太陽光発電」。今回は、「太陽光&蓄電池」をテーマに、さまざまなご家族のエピソードと共にそのメリットをご紹介します。電気を“自給自足”できる住まいは、どんな暮らしを実現してくれるのでしょうか。

いつもに、おトクを。もしもに、安心を。

SDGsという新たなキーワードが暮らしに浸透してきた昨今。私たちの生活とエネルギーとの向き合い方は、大きな過渡期を迎えています。そんな中、関心を寄せる人が絶えないのが、「太陽光発電」。今回は、「太陽光&蓄電池」をテーマに、さまざまなご家族のエピソードと共にそのメリットをご紹介します。電気を“自給自足”できる住まいは、どんな暮らしを実現してくれるのでしょうか。

太陽光&蓄電池と共に暮らす イメージ図1
  • 太陽光&蓄電池と共に暮らす イメージ図2
  • 太陽光&蓄電池と共に暮らす イメージ図3

太陽光&蓄電池と共に暮らす
ご家族の、導入の決め手とメリット。

電気料金の高騰や自然災害による停電リスクへの対策として注目を浴びている太陽光発電。一条の「太陽光&蓄電池」は、普段の電気代がおトクになるだけでなく、災害時も家中の電気を使うことができ、普段と変わらない生活を送れるのが大きな特長です。

「わが家の電気は、わが家でつくる」。誌面には、そんなフィロソフィーを持つ4組のオーナー様の実例をご紹介。平屋や2階建て、積雪地域の場合など、様々な条件での「太陽光&蓄電池」の導入の形をピックアップします。

例えば、新潟県にお住まいのK様ご家族は、地域柄、一年の半分は暖房を使うため、毎月の電気代を気にしていたそう。そんな時、一条の太陽光&蓄電池の存在を知り、「蓄電池までもセットにしているにも関わらず破格の安さでした!」と、導入を即決。また、「もしもの停電のとき、非常用コンセントを1カ所だけ使える従来の太陽光発電と比べて、安心感がまるで違います」と、家中のコンセントや照明、全館床暖房が使えることにも感動したといいます。

太陽光&蓄電池の採用の決め手はご家族それぞれ。電気代の節約はもちろん、「導入費が思ったより安かった」「前の家で夜の停電で怖い思いをした」といった、各ご家庭の決断ストーリーや、「以前のアパートより倍以上の広さなのに、電気代の安さにびっくりした」といった愛知県T様のように、住んでみて分かった太陽光のメリットなどを、電力量・電気代の実績や間取りとともにご紹介します。

創エネ・蓄エネの暮らしをリアルにイメージできるエピソードの数々から、あなたの住まいの電力事情を見直してみませんか?

  • 太陽光&蓄電池と共に暮らす イメージ図2
  • 太陽光&蓄電池と共に暮らす イメージ図3

    主な収録内容

  • 01 理想とする蓄電池のカタチが、“電力革命”でした。

  • 02 停電の不安が解消され、赤ちゃんとの暮らしも安心。

  • 03 こだわりも、性能も追求したストレスフリーな暮らしが叶いました。

  • 04 高いコストパフォーマンスと太陽の恩恵たっぷりの毎日。

  • ◆ 「電力革命」のココがすごい!

資料請求はこちら
資料請求はこちら

他のVOICE of ICHIJOもご覧ください

詳しいご案内は展示場へ

ご来場予約はこちら