秋山様

秋山様

VOICES.L

東京都 秋山様

設計の工夫で、予想以上に広くて暮らしやすい家に。

  • 階数:3階建
  • 家族構成:3名様
こだわられた点は?
ご主人:土地が狭いので、どうしても建坪が狭くなってしまう。そうすると、上に逃がすしか広さを確保する方法がないと思いました。土地はだいたい15坪くらい、建坪で1階あたりの面積は13坪いかないですね。
奥様:私も最初に「建坪が13坪ない」と聞いた時は、そこに家が建てられるのかなって思ったんですけど、実際に建ってみると「思ったより広い」というのが率直な感想で、本当にびっくりしました。
ご主人:私も出来上がってみて、びっくりしています。例えば玄関は、ベビーカーがそのまま置いてあると狭くなるんですが、設計の方から「階段下で収納を考えてみよう」と提案していただいて、ベビーカーや子供の自転車とか、ゴルフバックまで入るほど、かなりのスペースがとれました。
奥様:あとはレインコートなどを掛けておけるようにラックも作っていただいて、乾かしてから部屋の中に取り込めるようにしてもらったんでそれはすごく助かってます。
ご主人:各部屋に収納をいっぱいつけるのもいいんですが、当然その分だけスペースも必要になっちゃうんで、1部屋分をそのまま家族で使えるクローゼットに、という発想にしました。そこで、1部屋は収納部屋という形にしてます。
間取りを効果的に使って、快適に過ごされていますね。
奥様:1階にお風呂と脱衣所があるんですけど、そこにオプションで備えつけの棚をつけたので、洗濯が終わったらその棚で畳んで、隣にあるファミリークローゼットにしまって、1階で完結するようにしました。さらにファミリークローゼットにも物干し竿をかけるところを作ってもらったので、そこで洗濯物も干してます。外で乾かしたいものはベランダに持っていくし、室内で陰干しがいいものはクローゼット内で乾かすこともできます。
ご主人:2階はリビングとキッチンで、あとはトイレがありますけど、それだけ。リビングを大きく見せるためには2階はリビングだけにしようということで、こういう形になりました。
奥様:私が「一人で立って作業をする時に、あんまり動かずに家事ができるようにしてほしい」とお願いしてこの幅にしていただいたので、すごく動きやすいですし、収納も片づけが楽でとても使いやすいです。お鍋とかちょっとした食器は手洗いして置いておけるし、これ以外に水切りかごとかほかのキッチン用品を置く必要がないので、それもすっきり見えるポイントかなって思ってます。
ご主人:3階は、3部屋取れてます。1つは主寝室で、あとは子供用の部屋を1つと、もう一つは今のところは空き部屋にしてあるんですけど、将来的に家族が増えたりしたらそこを使うのもいいかなとか。そういう感じで空きスペースにはなっているんですけれども、一応3部屋取れてます。いい間取りが出来たなという感じです。
奥様:私は最初、3階建てにすごく抵抗があったんですね。洗濯機は1階にあるし、登ったり降りたり、小さい子供がいたら抱っこしてそれを繰り返さなきゃいけないのはすごく大変なんじゃないかって思ったんですけど、(動線を)考えて作ったので、住んでみたら意外と移動する回数もそんなに多くなくて助かってますね。
限られた土地を有効に活かして、効果的な間取りと効率のよい動線を実現された秋山様のご家族。設計の工夫によって、広さを感じられる暮らしやすいお宅になったようです。

秋山様

こちらの記事は動画でもご覧いただけます

Play Movie