野口様

野口様

VOICES.P

埼玉県 野口様

阪神大震災で1軒も倒れなかったことが、一条にした決め手でした。

  • 階数:3階建
  • 家族構成:4名様
一条で家づくりをしようと思われたきっかけを教えてください。
ご主人:以前、私ども夫婦はマンションに住んでいて、娘たち夫婦も別のマンションに住んでいました。孫も生まれましたので、二世帯で同居するために家の一軒でも作らなきゃいけないか、ということがきっかけです。
奥様:娘や私にはすごく厳しかったんです。本当、孫にはすごく甘くて別人みたい。
ご主人:田舎でちょっとアパートを所有したことがあって、不動産とか建築というものには多少知識があったので、決めるときにはそれが役に立ちました。個人的には数寄屋造りの平屋が好きなんです。ただ2世帯でどうしても無理があったので3階建てにしました。ただ、構造は我々素人では判断できないわけですよ。住宅メーカーはそこにどれほどこだわっているかということですよね。やっぱり消費者の手の届かないところにまで気を配ってもらいたいという思いがあります。今時、12cm4寸の柱を使うところはありませんよ、正直言ってね。こちらの方から注文を出せばあるでしょうけど。無条件で最初から基準最適12cm4寸角というね。それで梁が37センチですか?そんなの聞いたことないですよね。
家づくりの途中、ご近所の方にもお声をかけられたとか。
ご主人:基礎工事をやっているときに、隣のお宅からずいぶん丁寧な工事をやっていますねと声をかけられたんです。毎日見ていたらしく、そう言われました。基礎工事をそこまで時間をかけて丁寧にやってくれることは少ないと思うんですよ。3階建ては特に、目に見えないところに重量がかかりますからね。基礎と梁、それと柱に費用をかけていないとね。(ハウスメーカーは選んでおらず)最初から一条工務店なんです。阪神大震災のとき、一条で建てた家は1軒も倒れてないと聞いたので、もう作るんだったら一条だろうということで、最初から家族に相談することもなく独断で決めました。
最初から一条工務店で家を建てることを決めていたという野口様。ご近所の方に声をかけられるほどの丁寧な工事を経て完成したお住まいにご満足いただけているようでした。

野口様

こちらの記事は動画でもご覧いただけます

Play Movie